かぶとむしアル中

取材現場を離れて久しい新聞社員のブログ。 本の感想や旅行記(北朝鮮・竹島上陸など。最初の記事から飛べます)。

北朝鮮竹島イラン旅行記
ブログランキング・にほんブログ村へ

掲載旅行記一覧【先頭に固定】

2005.10 北朝鮮(平壌へ板門店平壌帰国)

2006.03 韓国(ソウルへ顕忠院安重根紀念館板門店ロッテワールド帰国)

2007.08 中国(上海へ南京へ南京泰山へ泰山北京へ天安門抗日紀念館長城済南へ済南上海豫園上海外灘帰国)

2008.01 欧州(アムステルダムへアムステルダムブリュッセルパリリスボンへロカ岬リスボン郊外スキポール帰国)

2009.09 韓国&竹島(ソウルムクホ竹島鬱陵島独島博物館良洞マウル慶州白村江ソウル帰国)

2009.12 台湾(台北夜市九份淡水烏来帰国)

2010.08 イラン(中東へ ドーハとイラン入国 イスファハーンへイスファハーンシーラーズペルセポリステヘラン帰国)

2011.05 シンガポール(到着市内マレーシア)

2011.10 東欧(クラクフへアウシュビッツクラクフワルシャワスターリンワールドヴィリニュスウィーン帰国)

2012.08 トルコ(イスタンブールへイスタンブールエフェソスパムッカレパムッカレ発北キプロス南北キプロスアダナカッパドキアカッパドキア気球ボスポラス海峡イスタンブール帰国)

2013.07 ロシア(アブダビ空港 モスクワへモスクワキジ島エルミタージュノヴゴロドサンクトペテルブルク帰国)

2015.08 バリ(バリへクタタマンアユンブサキ寺院帰国)

2016.03 タイ(バンコクへバンコクアユタヤ週末市場帰国)

2016.08 済州島(済州市万丈窟潜水艦中文)

2016.11 ソウル(朴槿恵退陣デモ水原と大規模デモ慰安婦像)

2017.06 中朝国境(大連丹東から見る北朝鮮旅順帰国)

2018.03 釜山(中心部太宗台慰安婦像)

2018.04 豪州(シドニーブルーマウンテンズハンターバレー帰国)

2018.09 キューバ(ハバナへハバナゲバラビニャーレス渓谷コヒマルビーチメキシコシティ)

2019.07〜08 バハマアトランタ(バハマへビーチダウンタウンフラミンゴアトランティスアトランタへCNNMLBミッドタウン居住区地域図書館帰国)

 

当ブログ内の旅行記を探しやすいように、一覧を作りました。時系列に並んでいます。

こうしてみると、ちょっとした歴史を感じますね。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

旅行記は随時追加しています

活字おじさんがApple Watch SEを買ってみた

9月の新商品発表に合わせ、Apple Watch SEを購入しました。初のスマートウォッチです。今日この記事を書いていることからお察しの通り、先程届いたばかりなので須賀、ここまでの顛末を書き残しておこうと思います。

 

【目次】

 

買った三つの理由

腕時計の買い替え時期だった

腕時計はここ十数年、同じものを使っていました。確か大学に入ったくらいの時期に、近所のイトーヨーカドーで父に買ってもらったソーラー時計。メンテナンスなしで時を刻むという本来の機能を果たし続けてくれますので、特に不満なく使い続けていたので須賀、流石に経年劣化が気になるようになってきました。

とはいえ、時間を知るための道具にあまりお金を掛けたくありませんでした。高い時計がカッコいいことを否定するつもりはありませんが、出来ればその土俵には上がりたくなかった。

次で詳しく述べま須賀、スマホでいつでも時間はわかるわけで、腕時計にはそれ以外の機能も欲しいーとなった時に、Apple Watchであればそれを満たせるのではと考えました。そしてこれはオマケみたいなものですけれども、「腕時計を装飾品とはみなしていない(その土俵に上がる気はない)」というステートメントのつもりだったりもします。意外と他人の目を気にした判断かもしれません。

快適なサイクリング&キャッシュレス生活の追求

先述の通り、時間を知る以外の機能に興味がありました。特に昨年から、健康維持を意識した趣味としてクロスバイクを乗り回していて、合計距離も1年半でなんとか2000キロを超えてきました。楽しく続けていくためにも、よいきっかけになることを期待しました。

あとキャッシュレス決済にも関心がありました。いわゆる交通系電子マネーをメインで使っているので須賀、iPhoneは紛失が怖くて、ウォレットコードを付けた財布で「ピッ」とやっていました。ずっと着けている腕時計ならその辺の心配も要りませんし、財布を持たずにサイクリングに出かけるのも夢でした。

「まずは試す」で自分をDX

これまでの2つと毛色の違う答えにはなりま須賀、まずは自分で試してみることで、自分自身のDX、というと奇妙な言い方かもしれませんが、世の中で進む「デジタル化」と接点を持ち続けたいという気持ちもありました。

縁あって新聞社員の立場でIT企業のニュース部門に出向し、復社後も「デジタル領域でのマネタイズ」が主任務になっていま須賀、もともとインターネットについてもこういうガジェットについても、知識も接触時間も人並み以下だ(った)と思っています。新しい物好きでは決してないですし、今でも情報の入手源として紙の書籍と新聞の電子版(レイアウトされたやつでないとダメ)が手放せない、ただの活字おじさんです。

そうした普段の生活や趣味嗜好まで変えることは難しいでしょうが、せめて買うかどうか迷ったら、倒れる向きは前にしたいと思いました。(後悔しない範囲で)まずはコミットしてみること。これは出向先で聞いた話だったりもします*1

発表から注文、到着まで

前置きが長くなり過ぎましたね。では本題に入ります。

1日遅れで1ヶ月待ち

Appleのイベントで6とSEの発売が発表されたのが、9月16日の未明でした。育休中は大体午後10時に寝ているので、もちろんイベント自体は見ませんでしたが、ちょうど1日検討して、17日午前7時過ぎにSEの購入を決めました。

f:id:canarykanariiya:20201021155109j:image

SEのGPSモデルである点は、「最初だから」という判断が大きいです。腕時計でスマホの代替が出来るなら、高額のiPhoneを買う必要はない気もしました。営業や取材で客先に出向くことも多いので、色は黒で統一しました。

それにしても、1日遅れで既に3〜4週間待ちなのには驚きました。ただ、待っている期間にApple Storeのアプリをいじっていて分かったのは、これは時計本体というよりは、今回初投入のソロループの品薄の影響らしいということでした。試しでスポーツバンドを選んでみると、早い段階から発送までの期間が1営業日とかになっていました。

それはともかく、ここから首を長くして待つ日々が続きます。

「出荷準備中」に変わってから到着まで1週間

動きがあったのは10月14日。早朝に見ると、ステータスが出荷準備中に変わっていました。

f:id:canarykanariiya:20201021160403j:image

ここから急にソワソワし始めます(笑)

ちなみにこの段階から注文のキャンセルが出来なくなったので須賀、この日を合わせて少なくとも2日間、Apple Storeの実店舗に当日在庫があったようです。「店員も入荷が予測できない」と別の方のブログで見ましたが、長々と待っている立場からすると、急に当日お店にありますと言われるのはやや複雑な気持ちではありました。

そして翌15日、出荷完了のメールが届きました。

f:id:canarykanariiya:20201021160959j:image

予定日は21日とのこと。ヤマト運輸のサイトで追ってみると、中国は上海から来るのだそうです。

f:id:canarykanariiya:20201021161116j:image

上海を出たのが17日、この手の記事でよく見る都内の「ADSC支店(「Apple Delivery Support Center」の略らしいですね)」着が20日。船旅だったのでしょうか。

その後、20日に届くことはなさそうと見切り、予定通りの21日午前を指定。期間内に届けてくれました。

f:id:canarykanariiya:20201021161148j:image

数時間付けてみてのわずかな感想

そして開封、装着。

f:id:canarykanariiya:20201021161740j:image

f:id:canarykanariiya:20201021164651j:plain

この画面は既に好みにいじったものです。

実際に取り付けてみて、バンドの着脱は意外と簡単だということに気づいたので、使用シーンによって使い分けてみてもいいかなと思いました。ご覧の通り、文字盤もかなり自由に色合いを変えられるので、「時計本体を赤にしたい(私用のiPhone XRは赤)」という欲望はこちらで昇華できそうです。本体のサイズもちょっと悩みましたが、今のところ違和感はないです。

まだ数時間しか着けていないので論評するのは早いかもしれませんが、ソロループは私が想像していたよりは伸びなかったです。サイズも腕の太さを測った上で、少し余裕のある方で決めましたが、それでもちょっとピッタリ感がありました。まあ不都合がありそうなら、バンドを買い替えましょうかね。

 

今さっきまでに文字盤などの設定をして、妻に音声入力でLINEをしてみたくらいで、まだまだ機能の全容すら掴めていませんが、これを機会に、少しでも日々の生活が楽しく、気付きの多いものになっていけばいいなと思っています。

*1:その時例示されていたのはスマートスピーカーでしたが、まだこちらは我が家で活用できそうにないので導入していません

「麒麟がくる」二十八話/『信長公記』と逆印象の二条城普請

 【目次】

 

 

www.nhk.or.jp

幕臣明智光秀の風格が滲み出ていた今回。とても見どころが多く、どこに焦点を当てるべきか迷いま須賀、本圀寺での戦い以降の話をしてみましょう。

本圀寺の変は斎藤龍興のリベンジ

本圀寺での戦い、信長の救援、そして「二条城」(現存のものとは異なります)の普請という流れは『信長公記』の記述とも一致しています。防戦に尽くした人物として明智光秀の名も記されていました。光秀も本格的な表舞台に出た感がありますね。

一方、ドラマに出てこなかったのは、三好方の先鋒を亡き斎藤義龍の息子である斎藤龍興が務めていたということです。美濃を奪われた復讐心に燃える龍興を対信長の先鋒に立たせるというのは、当時としてはよくある手法ではあるでしょう。

信長公記』と印象の異なる「二条城」普請

加えてドラマでは、義昭の御所たる「二条城」普請での、石仏を巡るやり取りが印象的でした。仏を恐れぬ信長の態度は、後の延暦寺焼き討ちや本願寺との長い戦いを想起させましたし、光秀のドン引きも今後に響きそうな予感がしま須賀、『公記』にある御所整備の記述は様相が異なります。各地の邸宅や寺院の庭にある名石などを取り寄せて配置し、眺望にはかなり配慮していた…とされています。そうであれば尚更、結末に向けて、あのように信長と光秀を描いたシナリオの意図には注目でいいのかもしれません。

怪しさ満点の片岡鶴太郎

あとは怪しさ満点の摂津晴門ですね。三好家に近かったのはそのようで須賀、あれほどまでのアンチ信長として立ち回ったのか。彼については次回、話すのが良いかもしれません。

ちなみに松永久秀から信長に贈られた九十九髪茄子、あれは結構有名な茶器でして(信長の野望とかにも出てきますね)、本能寺の変後は秀吉の所有物となり、明治に三菱財閥の岩崎家の手に渡って現存しています。ちょっと見てみたくなりました。

下手な抱っこで手首を痛め…/育休2カ月目振り返り

【目次】

 

育休に入ってから2カ月が経過しました。残り1カ月をよりよく過ごすという意味も込めて、また振り返りをしたいと思います。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

canarykanariiya.hatenadiary.jp

長女(生後4カ月)と私

この1カ月間で実にいろんなことができるようになり、行動パターンも変わってきました。

前回の振り返りを書いた頃から、こちらが笑いかけるとたまに笑い返してくれるようになりつつありましたが、今では何か面白いことがあると、声を出して笑ってくれます。(興奮しているということもあるでしょうが)非常に饒舌にお喋りをしていることもあります。出す声も、バリエーションが増えてきました。

相変わらず夜泣きは少ない(週に1〜2回)で須賀、起きて活動している時間は確実に長くなっています。ある日突然、寝返りも始め、今ではスムーズなターンを決めています。

f:id:canarykanariiya:20201016122918j:plain

姿勢を変えたいようで、バウンサーを嫌がることも多くなりました。ただ、うつ伏せの姿勢から首を上げるのがまだしんどいのか、もがきながら泣いてしまうことが多く、そういう時にどうしてあげるのが彼女にとって良いのか(元の姿勢に戻りたい?ハイハイしたい?)まだちょっとわかっていません。

起きている時間が延びたのに伴って、わーっと泣いてしまうことも増えた気がします。そんなものだとわかっているつもりでも、ずっと抱っこしていても泣き止まないと、こちらが精神的に擦り減ってしまうことも。せめての心の慰めとして、撮り溜めたドリスドリフ大爆笑を見ながら抱っこというのをやってみたので須賀、耳元で泣かれているせいで特に高木ブーのセリフが聞こえず…。

www.bsfuji.tv

しかもそもそもの抱きかかえ方が悪いのか、昨晩から右の手首などに違和感があり、箸でものを掴むのもちょっと辛いです。やたらと時間をこなせば良いというものではないと痛感しつつ、長女と2人での過ごし方という意味では、お互いにストレスの強い状態が続いてしまっています。

家族と私

そんな父とは対照的に(私も笑わせるのは得意なつもりでいるんですけど)、兄と妹は非常に楽しく時間を過ごしています。赤ちゃんのおなかをピアノに見立て、歌いながらおなかを優しくリズミカルに触ってあげる遊びがあるそうなので須賀、お兄ちゃんがそれをやると、大抵長女も満面の笑顔になります。

kodomo.benesse.ne.jp

長男に対しては、引き続きなるべくプレッシャーをかけないように、怒らないように心がけてはいるので須賀…どうでしょうか。

帰省については、親戚から感触を聞く限りではちょっと難しいのかなという判断に傾きつつあります。大都市圏からも県庁所在地からも離れた地域で、その県庁所在地との行き来もあまりしていないとのことですので、私たちがわざわざ…というのはやはり躊躇せざるを得ません。そういう方向性で考えてはいま須賀、一応まだ、数日間のスケジュールは空けてあります。

また、この期間中に、身内に不幸事がありました。休みの期間だったからこそ、じっくりとお別れの挨拶が出来たのだと思うことにしています。

私自身について

大体自宅で、概ね相変わらずの生活を送っています。(当たり前ですけど)無限に時間があるわけではないので、これまでのペースを踏まえて育休中に読む本の優先度をつけておきました。それをしてからは、自然と読書自体も捗るようになりました。歴史とかの本でも読んでいたい気分ではあるので須賀、多少、復帰後の仕事に役立ちそうなインプットもしておきたいところで、そのバランスですかね。

残り1カ月となり、その間に出来ることの範囲も見えてきました。家族とともに、そして自分が納得できるような時間を過ごし、満足感をもって育休期間を終えられたらと思っています。

 

統計学の「超」入門書と分析の心構え/『完全独習 統計学入門』(小島寛之)、『マンガでわかる統計学』(高橋信)、『会社を変える分析の力』(河本薫)

統計学と、それに基づいたデータ分析のお勉強その二です。その一はこちら。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

 

【目次】 

 

優れた統計学の「超」入門書

完全独習 統計学入門

完全独習 統計学入門

  • 作者:小島 寛之
  • 発売日: 2006/09/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
マンガでわかる統計学

マンガでわかる統計学

 

入門書という言葉に「超」を付けるのは、著者に失礼に当たる場合もあるのかもしれませんが、両方ともそれを目指しているor標榜している本として、高い評価を得ています。

どちらもサクサク読み進められ、特に前者は▽同じ内容を複数の言い方で説明してくれている▽一通りの把握のために理解すべき点と、そこまで立ち入る必要のない点を明確に区別しているーところが特に優れていると感じました。今回2冊組み合わせて読むことによっても、一つ目の意味合いは増したように思います。

世の中にはもうちょっとご立派な統計学入門書がいくつもあり、そちらも教材としての選択肢にはあったので須賀、まずはこれらを読んでみました。思えば、今でこそそれなりに勉強したような分野でも、最初の最初は効率や話題性を重視した本から入り、徐々に品定めをしていったような記憶があります。このジャンルをどこまで深めていけるか分かりませんが、序盤に読む本として、申し分のない2冊でした。

 

データ分析を仕事にどう生かすか

会社を変える分析の力 (講談社現代新書)

会社を変える分析の力 (講談社現代新書)

 

こちらはやや古い本で須賀、日本企業でデータ分析に取り組んできた著者が、その目指すべきところや心構え、醍醐味などについて語っています。一言でまとめるなら、「データ分析とはデータを用いて課題を解決することであり、どのくらい重要な意思決定にどの程度寄与できるかが、その分析の価値を決める」ということです。

データを数学的に分析することが目的なのではなく、それを用いて会社なりクライアントなりの役に立つことを目指すべきだという主張は確かに真っ当で、いい意味で当たり前のことを再三強調してくれています。逆に考えると、この私の理解も「言うは易し」で、常にその姿勢で取り組んでいくことがいかに難しいかを裏打ちしているのでしょう。そしてそれは、何もデータ分析に限った話ではなく、「仕事というものにどう取り組むか」にも通じる問題意識なのだとも感じました。

「麒麟がくる」二十七話/堺と三好の「絆」を断ち切った駒の大活躍

【目次】

 

www.nhk.or.jp

お駒さんのビッグディール

今週はお駒さんが大活躍でしたね。丸薬の商いというカードがあるとはいえ、今井宗久を相手に(トランプ大統領流に言えば)「ビッグディール」をやってのけました。架空の人物でありながら、ここで歴史の展開にも一枚噛んできました。これから光秀が京で活動する機会も一層増えてきますので、彼女が重要な役割を果たすことも増えてくるかもしれません。

会合衆と三好、そして信長

さて、今井宗久は茶人であるとともに堺の有力商人としても知られています。彼はこの後、織田信長を強力に支援するようになるわけで須賀、ドラマでも触れられた通り、堺の会合衆が三好家と密接な関係にあったのも事実です。三好長慶は堺の法華宗寺院や商人を支援することを通じて、町への影響力を強めていったそうで、信長と堺の関係もその延長線上にあるとの指摘もあります。

信長公記』にみる信長上洛

その宗久が実際のところ、信長の上洛自体にどこまで貢献したのかはちょっとよくわかりません。『信長公記』によると、信長は京の東福寺に陣を移した後、現在の長岡京市方面を攻めたりしていますので、全くの「無血上洛」を果たしたわけではありません。ドラマで宗久も指摘していた通り、三好系の勢力はまとまりを欠いており、松永久秀らはこの上洛に協力する姿勢だったそうです。

ちなみに同書には、義昭に贈った「千貫文」は銅銭だったと記されています。金にしたのは演出で生姜、後の決裂を示唆する、印象的なシーンでしたね。

またしても仕官を断る光秀

あたかも信長家臣かのごとく家臣団と激論を交わしたかと思えば、やはり信長への仕官は断る光秀。史実でも曖昧な両属状態がしばらく続くようで須賀、信長に正式に仕える際、ドラマとしてどんな筋書きを用意するのかも興味のあるところです。

皇位継承を保ち、「夜の関白」を生んだ政治形態/『院政』(美川圭)、『院政』(本郷恵子)

【目次】

  

院政―もうひとつの天皇制 (中公新書)

院政―もうひとつの天皇制 (中公新書)

  • 作者:美川 圭
  • 発売日: 2006/10/01
  • メディア: 新書
 
院政 天皇と上皇の日本史 (講談社現代新書)

院政 天皇と上皇の日本史 (講談社現代新書)

  • 作者:本郷 恵子
  • 発売日: 2019/05/15
  • メディア: 新書
 

『中世史講義』からの関心で、同じ書名の本を2冊読んでみました。特に2冊目で指摘されているように、院政という仕組みがあったことが現在までの皇位継承を可能とした側面は大きく、その点からも興味がありました。

天皇家の家長として

簡単に言うと、院政天皇家の家長(後に治天の君と呼ばれる)が、自らの直系の子孫に皇位を継がせていくための政治形態で、最盛期には天皇や摂関の地位に対する人事権や軍事指揮権を持っていました。当初、院庁はあくまで上皇の私的機関であり、そこに近侍する院近臣達を既存の太政官に送り込むことで政治を掌握してきましたが、徐々に制度化し、国家機関化する職も現れました。また院は荘園公領制の下で莫大な富を手にし、それをいわゆる六勝寺の建造などに「蕩尽」していきました。

「ウジからイエへ」との関わりは

1冊目を中心に、院政の枠組みを説明しつつ詳細な政治過程を語ってくれており、全体的な構造や様相を知るのに適した本だと思いました。その上で詳しく知りたかったのは、中世の特徴とされる「ウジからイエへ」という方向性と院政の関係の諸相です。

両方の本が指摘しているように、院政の開始の大きな端緒となったのは、久方ぶりに「藤氏腹」(藤原氏の娘を母に持つ)でない後三条天皇が即位し、(中継ぎとして)息子の白河天皇に譲位しつつ、自分と同じく藤原氏を母に持たない実仁親王を皇太子としたこととされます。なので白河天皇は自分の息子を皇太子にしたその日に譲位する(堀河天皇)ことで、自分の子孫が皇位を継ぐ流れを作り上げたわけで須賀、後三条や白河のこうした具体的な振る舞いが出てくる背景に「ウジからイエへ」という変化がどのように関わっていたと言えるのか、ちょっと観念的過ぎるかもしれませんが気になりました。

「夜の関白」が抱えたギャップ

もう一つは、2冊目で触れられた役職の流動化との関係です。実質的な政治的決定が院の周辺でなされるようになる→太政官での公式な会議の意義が相対的に低下する→その出席資格である「現職の公卿」であり続ける意味が低下する→役職が流動化する、という傾向があったとされま須賀、一方でその流れは、朝廷内における各イエの家格が定まってくる時期とも重なっていました。白河上皇の側近で、夜に上皇と密談することで政治を動かした藤原顕隆という人物は、当時から「夜の関白」*1と称されるほどの権勢を誇ったそうで須賀、彼の属した藤原氏勧修寺流は摂関家の家政機関職員の家柄であり、家格と政治的実権との間にギャップが見られます(だから「夜の」関白とされたのでしょう)。

役職は流動化していくけれども、それぞれのイエのランクや「家業」は定まっていく。院政という本題とはややズレるかもしれませんが、その辺のダイナミズムみたいな部分についても興味が湧きました。

まず読むなら美川版

また2冊目については、受領のあり方や受領功過定(勤務評定)、個別の人物で言えば例えば平治の乱で敗死した藤原信頼への評価などが、「歴史講義シリーズ」で紹介されている近年の議論と結構異なっている(かつての通説に近い)印象を受けました。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

canarykanariiya.hatenadiary.jp

あと、全体を通じて著者の人物評が前面に出ていましたね。「中世的文書主義」や人物の容貌への関心の高まり、具体例に即した議論など、この本ならではの興味深い指摘も多かったで須賀、まず一冊読んで院政の体系的理解を目指すなら、1冊目の方が適していると思います。

 

 

*1:現在千葉ロッテマリーンズで活躍する「夜の三冠王」とは別のニュアンスでこのように呼ばれていたということですね

『文系のための統計学の教室』(涌井良幸・貞美)、『統計学が最強の学問である』(西内啓)

 

 ただ今育休のど真ん中にいるわけで須賀、新聞社では「データマーケティング」と呼ばれるような業務も担当していまして、一つくらい勉強をと思い読んでみました。

 

【目次】

 

『文系のための統計学の教室』

文系のための統計学の教室

文系のための統計学の教室

 

1冊目は、統計学の考え方や公式を平易に説明する本です。確率・検定・回帰分析・ベイズ統計学などを扱っています。整理して少しずつ説明してくれている感じがすごくしましたが、ある公式の証明が載っていたりいなかったり、書く方として「どこまで詳しく説明するか」の匙加減は難しいのだろうなという気がしました。勉強になりました。

統計学が最強の学問である』

統計学が最強の学問である

統計学が最強の学問である

  • 作者:西内 啓
  • 発売日: 2013/01/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

こちらは数年前のベストセラーですね。1冊目が主眼を置くような統計学そのものや、統計学的知見(リテラシー)をどのように他領域に応用していくかについて一定の説明をしつつ、一番の主眼は書名通り、統計学の威力をアピールするところにあったように思います。

後半の、統計家の中での考え方の違いの話は特に面白く読めました。メタアナリシスの手法は、以前読んだ本でも用いられていましたね。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

 

Rを使って云々…みたいなところまでやるつもりは今のところないので須賀、まずは取っ掛かりの2冊ということで、ちょいちょい勉強してみたいです。