現場を離れて久しい新聞記者のブログ。 読んだ本の紹介や旅行記(北朝鮮竹島イランなど)が中心です。 ブログランキング・にほんブログ村へ

掲載旅行記一覧【先頭に固定】

2005.10 北朝鮮(平壌へ板門店平壌帰国)

2006.03 韓国(ソウルへ顕忠院安重根紀念館板門店ロッテワールド帰国)

2007.08 中国(上海へ南京へ南京泰山へ泰山北京へ天安門抗日紀念館長城済南へ済南上海豫園上海外灘帰国)

2008.01 欧州(アムステルダムへアムステルダムブリュッセルパリリスボンへロカ岬リスボン郊外スキポール帰国)

2009.09 韓国&竹島(ソウルムクホ竹島鬱陵島独島博物館良洞マウル慶州白村江ソウル帰国)

2009.12 台湾(台北夜市九份淡水烏来帰国)

2010.08 イラン(中東へ ドーハとイラン入国 イスファハーンへイスファハーンシーラーズペルセポリステヘラン帰国)

2011.05 シンガポール(到着市内マレーシア)

2011.10 東欧(クラクフへアウシュビッツクラクフワルシャワスターリンワールドヴィリニュスウィーン帰国)

2012.08 トルコ(イスタンブールへイスタンブールエフェソスパムッカレパムッカレ発北キプロス南北キプロスアダナカッパドキアカッパドキア気球ボスポラス海峡イスタンブール帰国)

2013.07 ロシア(アブダビ空港 モスクワへモスクワキジ島エルミタージュノヴゴロドサンクトペテルブルク帰国)

2015.08 バリ(バリへクタタマンアユンブサキ寺院帰国)

2016.03 タイ(バンコクへバンコクアユタヤ週末市場帰国)

2016.08 済州島(済州市万丈窟潜水艦中文)

2016.11 ソウル(朴槿恵退陣デモ水原と大規模デモ慰安婦像)

2017.06 中朝国境(大連丹東から見る北朝鮮旅順帰国)

2018.03 釜山(中心部太宗台慰安婦像)

2018.04 豪州(シドニーブルーマウンテンズハンターバレー帰国)

2018.09 キューバ(ハバナへハバナゲバラビニャーレス渓谷コヒマルビーチメキシコシティ)

 

当ブログ内の旅行記を探しやすいように、一覧を作りました。時系列に並んでいます。

こうしてみると、ちょっとした歴史を感じますね。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

関ヶ原での戦法を踏襲した西郷小兵衛/「西郷どん」第四十六話

www.nhk.or.jp

西郷軍は鹿児島を進発し熊本にさしかかりま須賀、物量に勝る政府軍に対し田原坂の戦いなどで敗戦を重ねます。西郷隆盛の末弟・小兵衛は戦死し、長男の菊次郎も足を負傷。隆盛は、延岡で軍の解散を宣言します。

小兵衛があのように、菊次郎の盾となるように死んでいったのかについては情報を持っていませんが、あれは古来から薩摩武士に伝わる「捨て奸」戦法を意識したものと思われます。これは簡単に言うと、大将を逃がすために家臣たちがどんどん捨て石になっていくという撤退戦法で、関ヶ原合戦では徳川家康の陣を突破して離脱した島津義弘を逃がすために、家老の長寿院盛淳らが「捨て奸」となり戦死しています。小兵衛が敢えて、自らの素性を名乗って敵に向かっていったのは、そうした意味合いが強いのでしょう。

あともちろん、糸が延岡近辺の西郷軍の本営にまで来たというのは史実ではないでしょうが、糸のあのセリフは考証の磯田道史氏の実感がこもっていたのではないかと想像します。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

この本で彼は、良くも悪くも西郷隆盛のような規格外の人間を家族に持った者たちの苦労を何度も慨嘆しています。それを糸が代弁したのかなと想像しました。

最後に一点、もうちょっと描き込んで欲しかったのは大山綱良のシーンでした。彼は言わば、(旧主君である)島津久光と(実質的な政府の首班である)大久保利通、そして(抜群の人望で不平士族を率いる)西郷隆盛という三者の板挟み状態になっていたはずで、その辺の微妙な立ち位置とその結末が描かれれば、幼馴染からスタートした彼らのストーリーに一つきれいな形でけりがつけられたのではないのかなと思いました。

あのシーンで大久保が言った「おいが政府じゃ」は印象的でしたが、ちょっと本人がそんなことをいう人物だったかはともかく、あと一年ほどは実質的にその言葉通りに事態が推移します。

 

いつも応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

どちらかというと写真集として/『巨人の箱庭』(荒巻正行)

 

巨人の箱庭 平壌ワンダーランド

巨人の箱庭 平壌ワンダーランド

 

 平壌でのフィールドワーク経験豊富な著者が、北朝鮮の三代の指導者による都市設計を「巨人による箱庭づくり」になぞらえ、平壌という都市を論じた本です。

著者によれば、スターリンの支持を背景に権力を得ていった金日成は、スターリン的な新古典主義。映画などの芸術に触れた金正日は、ブラジリアの都市計画を経由してロシア構成主義。そして金正恩は「科学技術による宇宙未来都市」的な建築・都市設計を志向したそうです。

そうした議論を北朝鮮国家の歴史と絡めて展開しつつ、平壌の建築物やアート、著者がロックプロジェクトで接した少女たちの写真を多く収録しています。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

私が平壌を訪ねたのは2005年10月でしたので、それ以降の平壌の風景*1の写真が豊富で非常に興味深かったです。

一方で、政治的背景などの記述を中心に、通説的な北朝鮮政治史研究の成果にそぐわないものも散見されました。一例で須賀、冷戦の終焉により北朝鮮が核開発の権利と国連加盟を得た、の如き表現は、これらは後ろ盾を失った北朝鮮の窮余の策という側面が強いものですので、結果そう見えても、政治学的分析上はバランスを欠いていると思います。

そんなことを考えながらページをめくっていると、最後に「平壌は(著者が生まれ育った)大阪万博の頃の千里ニュータウンによく似ている」という指摘がありました。平壌という都市のありようを、北朝鮮の歴史を通じて解説し切れているかどうかについては議論の分かれるところかもしれませんが、平壌と当時の千里ニュータウンの両方を見てきた人が、その実感を語るという意味では貴重だと思いました。

 

いつも応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

*1:「未来科学者通り」に象徴される正恩時代の平壌

西郷隆盛「キリスト」論/「西郷どん」第四十五話

www.nhk.or.jp

多くの士族が集まる私学校の動向を警戒した大久保利通川路利良らは、薩摩に密偵を送り込みます。しかしその企みは露見し、「(西郷隆盛を)シサツセヨ」との指示まで見つかったことから、桐野利秋ら私学校党が暴発。西郷は彼らと共に挙兵し、東京を目指すことになったのでした。

 

まあコテコテなシーンの連続ではありましたが、追い詰められていく薩摩士族たちの状況をよく描けていたと思います。大久保を中心とする明治政府は、倒幕に貢献した彼ら士族に、新たな役割(居場所)を与えてあげることが十分にできませんでした。西郷の私学校もそれに対する答えの一つだったはずで須賀、武力蜂起という最悪の結末を迎えることになりました。

それは士族たちからすれば、「自分たちを使い捨てにした裏切り」と見えても仕方なかったでしょう。ただそれは、大久保一人の罪でも、西郷一人の失敗でもなかったはずです。あえて言うなら、明治政府を作り出した明治維新という革命の暗部でした。西郷は結果として、歴史の中でその問題にけりをつける役割を担うことになりました。

ものすごくエグい言葉なので須賀、「裁兵」という言い方があります。その意味するところの一つは、不要になった兵力をわざと消耗してなくす、ということなのだそうです。権力者にとって、強大な兵力は自らの政治的目的を果たすための貴重な資源である一方、それが達成されたあとは、自らに歯向かってくるかもしれない極めて危険なものに化します。

そのような事態を防ぐため、権力者は時に、わざと兵力を消耗することによって「武装解除」を行った歴史があるといいます。ものごとの原因は一つではありえませんが、豊臣秀吉朝鮮出兵を行った理由もそこにある、と言われることがあります(朝鮮半島の人たちにとって、これほど迷惑な話もないでしょうが…)。その点で言えば、少なくとも結果として西郷隆盛は、自らと共に当時最強とみなされた兵力の「裁兵」を成し遂げてしまったのです。

 

身分制の下の武士を「使い捨て」にした明治維新の罪。結果的に、とまでしか言う自信がありませんが、その罪を背負って鹿児島を発ち、士族たちと共に滅んでいった西郷は、近代日本にとってゴルゴダの丘を上がるイエス・キリストを知っているのかキミは!聖徳太子を知らないかなんてそんな失礼な(ryのような役割を果たした、と言えるかもしれません*1

この考えは最終回のレビューで書くつもりだったので須賀、主演の鈴木亮平さんがこう書いているのを見つけてしまったので、もうこの場で開陳してしまいます。後出しでこんな事を言うのも恥ずかしいで須賀、私も本当に、同じ理解の仕方をしていました。

もしかすると新時代のために徳川幕府をなくしたように、象徴として祭り上げられた自分が彼らと共に死ぬことで、日本がよりよくなるのではないか。ここで犠牲になることが国のため、民のためではないか。……僕としては、そんな思いで「天命」を聞いていました。

  

いつも応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

*1:念の為言うと私はクリスチャンでも西郷信者でもなく、可能な限り価値判断を度外視したたとえ話をしているつもりです

どちらも昭和な…/親子の2018年11月読書「月間賞」

canarykanariiya.hatenadiary.jp

私はこちら。「象徴」であるはずの昭和天皇が、戦後日本の骨格が築かれた時期にこれほど政治的な動きをしていたというのは驚きでした。しかもそれが、『昭和天皇実録』からもある程度裏付けられているというお話です。戦後史のイメージが変わります。 

笑点五〇年史 1966-2016 (ぴあMOOK)

笑点五〇年史 1966-2016 (ぴあMOOK)

 

長男(4歳5カ月)はこれです。最近そこまで熱心に笑点の番組を見ている印象はないので須賀、図書館で見つけてきたこの本は熟読しており、よく前田武彦三遊亭小圓遊について質問してきます*1

まさに今日、貸出期間を延長してきたそうなので須賀、その際彼は「昔どんな人が笑点に出ていたか分かるから面白いのだ」と主張したそうです。

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

*1:実は私もこの2人はリアルタイムで見ていない

掲載旅行記一覧【先頭に固定】

2005.10 北朝鮮(平壌へ板門店平壌帰国)

2006.03 韓国(ソウルへ顕忠院安重根紀念館板門店ロッテワールド帰国)

2007.08 中国(上海へ南京へ南京泰山へ泰山北京へ天安門抗日紀念館長城済南へ済南上海豫園上海外灘帰国)

2008.01 欧州(アムステルダムへアムステルダムブリュッセルパリリスボンへロカ岬リスボン郊外スキポール帰国)

2009.09 韓国&竹島(ソウルムクホ竹島鬱陵島独島博物館良洞マウル慶州白村江ソウル帰国)

2009.12 台湾(台北夜市九份淡水烏来帰国)

2010.08 イラン(中東へ ドーハとイラン入国 イスファハーンへイスファハーンシーラーズペルセポリステヘラン帰国)

2011.05 シンガポール(到着市内マレーシア)

2011.10 東欧(クラクフへアウシュビッツクラクフワルシャワスターリンワールドヴィリニュスウィーン帰国)

2012.08 トルコ(イスタンブールへイスタンブールエフェソスパムッカレパムッカレ発北キプロス南北キプロスアダナカッパドキアカッパドキア気球ボスポラス海峡イスタンブール帰国)

2013.07 ロシア(アブダビ空港 モスクワへモスクワキジ島エルミタージュノヴゴロドサンクトペテルブルク帰国)

2015.08 バリ(バリへクタタマンアユンブサキ寺院帰国)

2016.03 タイ(バンコクへバンコクアユタヤ週末市場帰国)

2016.08 済州島(済州市万丈窟潜水艦中文)

2016.11 ソウル(朴槿恵退陣デモ水原と大規模デモ慰安婦像)

2017.06 中朝国境(大連丹東から見る北朝鮮旅順帰国)

2018.03 釜山(中心部太宗台慰安婦像)

2018.04 豪州(シドニーブルーマウンテンズハンターバレー帰国)

2018.09 キューバ(ハバナへハバナゲバラビニャーレス渓谷コヒマルビーチメキシコシティ)

 

当ブログ内の旅行記を探しやすいように、一覧を作りました。時系列に並んでいます。

こうしてみると、ちょっとした歴史を感じますね。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

「戦後レジーム」形成過程と象徴天皇の政治的振る舞い/『昭和天皇の戦後日本』(豊下楢彦)他1冊

 

日本国憲法の誕生 (岩波現代文庫)

日本国憲法の誕生 (岩波現代文庫)

 
昭和天皇の戦後日本――〈憲法・安保体制〉にいたる道

昭和天皇の戦後日本――〈憲法・安保体制〉にいたる道

 

 日本国憲法の成立過程、そして日米安保体制をも含めた(安倍首相が言うところの)「戦後レジーム」全体の形成に、昭和天皇自身はどのようにコミットしていたのかについて追ってみました。

1冊目*1をもとに憲法制定過程をきわめてざっくりまとめると、日本政府側で検討された松本案が明治憲法の微修正にとどまったため、GHQ案を土台に、それを「日本化する」*2形で条文づくりが進められ、有名な「芦田修正」*3など帝国議会での審議を経て公布・施行されました。

その後には、極東委員会の意向を踏まえたGHQ側から、日本国憲法改正の機会を与えられながら、当時の吉田内閣がその意思を示さなかったという歴史的経緯もありました。

一方の2冊目では、占領(憲法改正東京裁判)と冷戦という二つの危機から天皇制を守るため、昭和天皇自身が新憲法での象徴天皇制の下、いかに政治的に立ち回ったか(!)を『昭和天皇実録』も参照しながら論じています。

昭和天皇は、米軍による日本防衛や沖縄の半永久的使用について、米国に対し自ら求めました。さらに、国連による日本防衛や「極東のスイス論」に傾斜するマッカーサーを(共産主義勢力から天皇制を守るには)生ぬるいと見るや、彼の頭越しにワシントンのダレスらとのチャネルを築き、日米安保においてより日本に有利な条件を追求した吉田茂とは異なるメッセージを送り続けたのです。史料上の制約などから、そうした意図がどれほど成功したのかについては議論の余地はありそうで須賀、象徴天皇がこうした意図を持って行動していたということだけでも驚きに値します。

こうして歴史の経過を追っていくと、ただ「日本国憲法GHQに押し付けられた」と言うことにどのくらい意味があるのか、という感慨を覚えざるを得ませんでした。GHQの強い影響下で起草された政府案であることは間違いありませんが、東京裁判での天皇起訴や天皇制廃止を求める極東委員会構成国の厳しい目線が注がれる中、GHQも円滑な日本統治のために天皇制を保とうとした側面があり、占領側もそのせめぎ合いの中で出してきた憲法案なのでありました*4

このように、今では忘れられがちなさまざまなアクターの力関係の中で形成されてきた憲法であり、政治体制であることを認識すること、もっと言うと、その後にその中でどんな実行が重ねられてきたかを知ることが、「戦後レジーム」とやらを評価する上でも重要なのではないかと思うんですけど、どうなんでしょうね。

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

*1:「他1冊」扱いですみません、こちらは再読本でした

*2:日本側として呑みやすいものとするよう、佐藤達夫らとGHQの間で、法技術的な部分を含めたせめぎ合いがなされました

*3:少なくとも当初は、芦田もその意味に気がついていなかったとされています

*4:「1条と9条がバーター」などと言われるのはその意味です

江藤新平を一喝した西郷隆盛/「西郷どん」第四十四話

www.nhk.or.jp

鹿児島に帰り、悠々自適の暮らしをしようとした西郷隆盛でしたが、桐野利秋中村半次郎)ら薩摩士族らも後を追い、不穏な雰囲気に満ちてきます。佐賀では江藤新平が決起するも敗れて斬首されました。西郷は高まる士族たちの不満を抑えるため、私学校を設立、彼らの教育・鍛錬に努めることにしました。

佐賀で敗れた江藤新平が鹿児島の西郷のところに決起を促しに来る、という展開はなかなかドラマチックでありま須賀、これは史実のようです。放送では自宅に来たことになっていましたが、実際には西郷は指宿の近くにある鰻温泉にいたそうで、現地の人が漏れ聞いた西郷と江藤のやり取りについての証言というのも残っています(以前どこかで読みました)。それによると、最後は西郷が江藤を一喝したのだそうで、その後江藤は土佐へ向かい、その地で捕らえられてしまうわけです。この時の大久保利通は自分で遠征して行って乱を鎮圧し、死刑にして梟首するところまでやってしまっており、この時期が「大久保独裁」と呼ばれた所以はこの辺にあるようです。

さてその大久保で須賀、ドラマのシーンにもあったように子煩悩であったそうです。登場した男の子(利武)の子供は国会図書館の憲政資料室開設に貢献した利謙で、1995年までご存命でした。ちなみに敢えて出していないのかもしれませんが、利武の一つ上の兄は内大臣として昭和初期の宮中を支えた牧野伸顕であり、そのひ孫に当たるのが現職の財務大臣であるのでした(この話は既出でしたかねw)。満寿とおゆうが実際にどんな取り決めをしたのかまでは存じ上げませんが、両家の子供たちの間では行き来があったそうですよ。

いつも応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ