現場を離れて久しい新聞記者のブログ。 読んだ本の紹介や旅行記(北朝鮮竹島イランなど)が中心です。 ブログランキング・にほんブログ村へ

掲載旅行記一覧【先頭に固定】

2005.10 北朝鮮(平壌へ板門店平壌帰国)

2006.03 韓国(ソウルへ顕忠院安重根紀念館板門店ロッテワールド帰国)

2007.08 中国(上海へ南京へ南京泰山へ泰山北京へ天安門抗日紀念館長城済南へ済南上海豫園上海外灘帰国)

2008.01 欧州(アムステルダムへアムステルダムブリュッセルパリリスボンへロカ岬リスボン郊外スキポール帰国)

2009.09 韓国&竹島(ソウルムクホ竹島鬱陵島独島博物館良洞マウル慶州白村江ソウル帰国)

2009.12 台湾(台北夜市九份淡水烏来帰国)

2010.08 イラン(中東へ ドーハとイラン入国 イスファハーンへイスファハーンシーラーズペルセポリステヘラン帰国)

2011.05 シンガポール(到着市内マレーシア)

2011.10 東欧(クラクフへアウシュビッツクラクフワルシャワスターリンワールドヴィリニュスウィーン帰国)

2012.08 トルコ(イスタンブールへイスタンブールエフェソスパムッカレパムッカレ発北キプロス南北キプロスアダナカッパドキアカッパドキア気球ボスポラス海峡イスタンブール帰国)

2013.07 ロシア(アブダビ空港 モスクワへモスクワキジ島エルミタージュノヴゴロドサンクトペテルブルク帰国)

2015.08 バリ(バリへクタタマンアユンブサキ寺院帰国)

2016.03 タイ(バンコクへバンコクアユタヤ週末市場帰国)

2016.08 済州島(済州市万丈窟潜水艦中文)

2016.11 ソウル(朴槿恵退陣デモ水原と大規模デモ慰安婦像)

2017.06 中朝国境(大連丹東から見る北朝鮮旅順帰国)

2018.03 釜山(中心部太宗台慰安婦像)

2018.04 豪州(シドニーブルーマウンテンズハンターバレー帰国)

2018.09 キューバ(ハバナへハバナゲバラビニャーレス渓谷コヒマルビーチメキシコシティ)

 

当ブログ内の旅行記を探しやすいように、一覧を作りました。時系列に並んでいます。

こうしてみると、ちょっとした歴史を感じますね。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

2年連続のカリブ海と18年ぶりの米本土へ

 参院選投開票日の翌週から、家族旅行に行ってきます。

B24 地球の歩き方 キューバ&カリブの島々 2017~2018

B24 地球の歩き方 キューバ&カリブの島々 2017~2018

 

バハマと米国アトランタ、合わせて2週間です。

現在アトランタで暮らす妻方の身内に会いに行くのが主目的です。妻のたっての希望で、アトランタに入る前にバハマ諸島に滞在します。

実は、米本土を訪ねるのは18年ぶり。知らぬ間にESTAなんて制度もできていましたが、問題となるような渡航歴もなかったので、その日のうちに良いお返事をいただくことができました。

www.tokutenryoko.com

どんどん旅らしい旅から遠ざかっている感は否めませんが、特にバハマ諸島は人生においてそう何度も行ける場所ではないのではないかと思いますので、家族で楽しんできたいと思います。

 

いつもありがとうございます。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

『井上陽水英訳詞集』(ロバート・キャンベル)

 

井上陽水英訳詞集

井上陽水英訳詞集

 

英語を母語とする日本文学研究者が、井上陽水の歌詞を英訳した本です。50曲の英訳が収録されていま須賀、それのみならず英訳完成に至るまでの作詞者と英訳者のやりとりや、詩を外国語に訳す場合の心構えのような話も豊富で、楽しく読み進めることができました。ここでは、具体的な曲や訳を挙げながら、「翻訳のポイント」をおさらいしてみたいと思います。

まずは主語などの構文です。何が主語なのかしばしば明示されない言語から、それが明確な言語に訳すのはそもそも大変な作業で須賀、この人の歌詞であればなおさらでしょう。「氷の世界」は、日本で初めてミリオンセラーとなったアルバムの主題曲として知られていま須賀、「歌詞が意味不明(多義的)」という評価がされがちでもあります。3番(と言えばいいのでしょうか?)の冒頭に、「人を傷つけたいな 誰か傷つけたいな だけど出来ない理由は やっぱりただ自分が怖いだけなんだな」という部分があります。私はてっきり「人を傷つけてみたいという衝動に駆られるが、そんな自分のことが恐ろしいので踏み切ることができない」と解釈していたので須賀、英訳では「but the reason I can’t—I know—is cause I’m too scared」となっていました。私の理解ほど意味を限定せずに、もっと広く「自分自身が怖いと感じている」という訳になっています。

「東へ西へ」も初期の有名な曲で須賀、大混雑で「寿司詰め」状態の電車で「満員 いつも満員 床に倒れた老婆が笑う」というシーンは、床に倒れた老婆が「いつも満員だ」と呟きながら笑っているように訳されていました(私の脳裏では、倒れた老婆は無言でニヒルな笑いを浮かべていました。「満員 いつも満員」は歌い手による状況説明と理解していました)。

次は時制です。ここはあまり意識してこなかったので須賀、「夢の中へ」は「はっきりと時制を指す言葉がない」ですし、「ジェラシー」も途中から過去の浜辺の話が急にスライスしてくる。言われてみればそうかなあと感じましたが、そのことに訳者がより敏感であったのは、「時のラインをまずナビゲートする」ことに優れた英語を母語としているからという側面はあるのかもしれません。

そして3つ目は、音韻や語呂、言い回しです。「北京 ベルリン ダブリン リベリア」や「美人 アリラン ガムラン ラザニア」はもう直訳せざるを得ないで生姜、それでは作詞者の意図は十分には伝わりません。逆に前述の「氷の世界」では、「軽い嘘」を「white lie」と訳していて、歌詞の世界観に合致した「白」をうまく混ぜ込めています。この辺はもう、拾えるものもあれば拾えないものもあるということに尽きるのでしょう。「歌詞が持つ具象と感性を提示するために、ここは妥協をしようということを常にやっていくのが翻訳文学だ」という指摘は、個別の英訳を見ながら非常に腑に落ちました。そう言えば、意外にも50曲の中には出てきませんが、「リバーサイドホテル」の「金属のメタル」は訳者ならどう料理したでしょうか?

あれこれ印象論を書き立ててしまいましたが、このように歌詞から立ち現れてくる世界が多義的であること、様々なものやことを思い浮かべながら楽しめることが、井上陽水の曲の素敵なところだと思います。訳者が注目していた「動物による寓話」というところで言っても、カブトムシについてもカナリアについても、私は訳者と違うストーリーや含意で解釈していました。訳者の言うとおり、特に英語に訳するということは「一定の解釈に基づいて意味を定める」ことに近そうで須賀、「ロバート・キャンベルの見た陽水の曲」の世界を、味わい深く楽しむことができたと思います。そもそも、自分でも意外なほどに、これまで歌詞全体が持つ世界観や含意を気にしていなかったかもしれません。

 

確か「UNDER THE SUN」というアルバムの歌詞カードの最後あたりに、「自分の作った歌の歌詞の意味は説明する気がない。自分から出てきたという意味では自分の歌と排泄物は同じであって、自分で自分の排泄物について解説しないように、歌詞についても解説しないのだ」と書いてあったのを思い出しました。この本のみならず、最近は自分の曲の歌詞の意味や制作エピソードを自ら語ることが増えている*1ように思います。「UNDER THE SUN」の頃から、どんな心境の変化があったのかは少し興味があります。

 

 

いつもありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

*1:先ほどの「アジアの純真」の冒頭は、共作者の奥田民生が送ってきたデモテープのハミングが「北京 ベルリン…」と聞こえたからそういう歌詞にした、のだそうです

「戦後」と切り結んだ軌跡/『敗戦後論』『戦後入門』(加藤典洋)

 

敗戦後論 (ちくま学芸文庫)

敗戦後論 (ちくま学芸文庫)

 

 

 

戦後入門 (ちくま新書)

戦後入門 (ちくま新書)

 

 

敗戦後論』は、日本の戦後や戦争にまつわる責任の問題を論じる上で無視できない本でしょう。世界大戦に敗れ、米国の軍事力によって平和憲法を強制された「ねじれ」を抱えたままでは、アジア諸国に有効な謝罪をし、和解を進めることもできない。まずは「無駄死にした」自国の死者たちに向き合い、その弔いから考えてはどうかー。『敗戦後論』での主張は概ねこんなところかと思いま須賀、これはリベラルとされる論者*1からも「戦争加害者でありながら自国の死者の弔いを優先させるとは何事か!」といった種類の批判を招くなど、「論争の書」となったのでした。

後の文章で著者も述べているように、「まず自国民の弔いを」の意味は、それを「優先させるべきだ」ということではなく「その問題に先にけりをつけるべきだ」という趣旨であり、先に紹介したような批判は的を射ていない、との指摘は理解できました。ただ、それでもうまく呑み込めない部分があるのも事実です。

著者は、フッサールらの現象学を度々参照していることからもわかるように、語り手である自分の肚の中をはっきりさせて、明確化させた視点で問題に対することを目指しています。「二重人格」という言葉を使って「ねじれ」状態を論じていることからもそう言えるで生姜、この主体が一人格としての個人ではなく、さまざまな体験や記憶を持つ人々の集合体(「日本社会」や「日本国」)である場合、果たしてそこにこだわることにどのくらい意味があるのかなと思ってしまいました。

先に「アジア諸国に有効な謝罪をする」と述べたのは、「首相が謝っても大臣が真逆の言動をとるようなことを繰り返しても謝罪と受け取られない」という主張を指しているので須賀、では社会全体で先んじて自国の死者と向き合うことができれば、本当にそうした「反動的」言動はなくなるのか、いやいや、そもそも最早社会全体でそれを共有するって何なんだ、そこは現実問題として非常に気になります。まあ結論部分はかなりもやっとした話ではあり、冒頭のような批判を呼んだのもそれ故だったりもしそうですので、「現実問題として…」と言ってしまうと厳しいところもあるで生姜、敗戦後の日本に埋め込まれた「ねじれ」をありありと抉った論考であったことは間違いないと思います。

『戦後入門』は、日本の戦後を論じるために、第一次世界大戦から語り起こした大作です。連合国側が第二次世界大戦を2つの陣営の対決として語ったのは、自らを大義に基づく存在であるかのように糊塗するためであったという見方や、原爆製造の難しさからその後の社会構造を予言する*2ジョージ・オーウェルの「あなたと原爆」についてなど、興味深い指摘や知見が数多く紹介されていました。ただ一方で、戦後版「顕教密教」論など、やや理論枠組先行で、実態の説明にはそぐわないのかなというものも近年についてはあった気がします。

この2冊は、自分の中で「読む順番」が来たので読んだ本なので須賀、奇しくもその直前、著者がお亡くなりになるということがありました。「戦後」を長らく考えてきた著者からすれば、まさにその「戦後」が剥げ落ちてきた数年だったでしょう。

「情報過多」とも言われる今の時代。インプットはともかく、どのようなアウトプットができているか、もっと言えば、リツイートボタンを押すだけでない地声でのアウトプットがどのくらいできているかと考えると、そら寒くなることがあります。その結論云々以上に、まず自らの足場から思考を重ねていく著者の姿勢を鑑に、この先の時代と向かい合っていきたいと思わされました。

 

いつもありがとうございます。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

*1:代表的には高橋哲哉

*2:1945年10月時点で、原爆が簡単に作れないものなら国家の人民支配が決定的になるだろうと喝破しました

「日韓関係」を学ぶ普遍的意味/『戦後日韓関係史』『ナショナリズムから見た韓国・北朝鮮近現代史』

 

戦後日韓関係史 (有斐閣アルマ)

戦後日韓関係史 (有斐閣アルマ)

 

戦後を中心とした日本と朝鮮半島の関係について、2冊読んでみました。

実はどちらも概説的な本でした。前者は、政治と経済と市民という三つの次元で日韓関係を追っています。それぞれの同盟国である米国によって取り持たれていた関係から、両国の政府の「癒着」を経て、各次元で結びつきを強めた両国関係を東アジア地域の安定に役立てようという構想にまで達しながらも、国際政治力学の変化(中国の台頭)や世論同士の反目によって一転対立を深めたこともあって、現在はお互いに相手への関心そのものが低くなっているーという流れを整理して提示してくれます。

この本の最後に指摘されるような「旧宗主国ー旧植民地」関係という側面だけでなく、国際政治の構造が二国間関係に及ぼす影響や、いわゆる「2レベルゲーム」の発生と展開について検討する上で、日韓という特定の国同士の関係を超えた意義を示してくれています。

後者は、南北朝鮮の近現代史ナショナリズムをまぶした本、と言った方が実態に近いかもしれません。ポスト冷戦期に経済力と自信をつけた韓国が、国際社会において相応の責任を果たすことと、相応の発言力を持つことという一見相反した方向性を志向する「中堅国ナショナリズム」という議論は興味深かったで須賀、総じて体制正統化のロジックのような「上からのナショナリズム」の議論が多く、正直ナショナリズム論を援用しなくても政治学的に説明できてしまう話が多かったように思います。日本から北朝鮮へのいわゆる帰国事業あたりを内在的に深掘りしていれば、もう少しナショナリズム論っぽくなったのかもしれません。とはいえ、政治史の本としてはこちらも整理されていて分かりやすいと思いましたがm9

 

 

いつもありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

早まる登園、その皺寄せは…/長男言行録(4歳10・11カ月)

5月末で5歳になりました。その直前の時期の話です。

4月から細君の、5月から私の職場が変わった関係で、長男が保育園にいる時間が長くなりました。朝は30分ほど早く起きて登園せねばならなくなりましたし、お迎えも遅くなることが増えました。

その影響で、彼が家で遊ぶ時間が減ってしまいました。遅く帰ってきても、翌朝早起きするために早く寝なければいけない。なんだか書いていて申し訳なくなってきましたが、そうなると、大好きなおしりたんていの本を読んだり、トーマスのプラレールで遊ぶ時間はあまりなくなってしまいます。今読み始めたばかりなのに「早く寝なさい」とプレッシャーをかけられる。それがストレスとなってパパやママに怒ったり、泣き出したりすれば、ますます遊ぶ時間は減っていく…これは完全に私の解釈で須賀、この負のスパイラルに陥ってしまった時期だったように思います。これまでと比べて、感情を激しく表現することが増えたように感じた時期とも重なっていて、やはり関係あるのかな、と思ってしまっていました(す)。

今はなんとか折り合っていこうと、夕食後の一定の時間は自由に過ごしてもらうとか、するべき支度を先にすればあとは好きにしていていいんだということを感じてもらえるようにするとか、まあベタな方法で両立を模索しており、私の目には、一定の効果が出ているように見えます。特に私は、今の部署での仕事の仕方も手探りの時期が続いているので、働き方も含めて落とし所を探っていきたいと思っているところです。

 

いつもありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

親子の2019年5月読書「月間賞」

私はこちらに。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

学術的な関心はそっちのけな読み方をしてしまった気がしま須賀、純粋に読み物として面白かったです。「純粋に読み物として面白い」という文句はつける理屈がなかった時の言い訳めいてもいま須賀、そうした本から得た幸福感が読書の純粋な楽しみであり、なんらかの知識を習得するために読むこと(それももちろん大事ですけど)とは違う価値だと思います。

 

長男は相変わらずです。

 10連休後半の旅行用に買ってあげた最新作です。

毎日貪るように読んでいて、食事中に唐突に言葉の意味を聞いてきたと思ったら、このシリーズのある巻に出てきたセリフだったり、ふとしたきっかけで、「これは『おしりたんてい いせきからのSOS』に出てきた◯◯と一緒だね」なんて言い出したりして、その傾倒ぶりには驚き呆れるほどです。「香炉峰の雪は簾をかかげて看る」にまつわる枕草子の故事がありま須賀、あんな感じでちょっと笑えます(笑)

 

いつもありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

漢字文化圏の恵みと衝撃的「結末」/『薩摩藩士朝鮮漂流日記』(池内敏)

 

薩摩藩士朝鮮漂流日記 「鎖国」の向こうの日朝交渉 (講談社選書メチエ)

薩摩藩士朝鮮漂流日記 「鎖国」の向こうの日朝交渉 (講談社選書メチエ)

 

1819年、沖永良部島から鹿児島へ向かっていた船が激しい風雨を受けて漂流し、朝鮮国忠清道(現在の韓国西部)に辿り着きます。乗船していた薩摩藩士・安田義方は、朝鮮側の庇護を受けながら、釜山を経由して日本に帰るまでの出来事を詳細に綴っていました。その日記を読み解いた本です。

見どころは大きく2つあるのかと思います。まずは、安田義方が筆談でもって彼らに対応した朝鮮国官吏たちと意思疎通し、詩歌の交換すら成し得た点です。彼らの間にはもちろん音声による会話は成り立たず、のちに駆けつけた朝鮮人日本語通訳もその任を果たす技量がなかったので須賀、漢文によってお互いの要望を伝えることができ、さらに詩を送り、批評しあったりもしています。これは漢字という共通の文字を持っていたのみならず、それを柱とする中華文明圏における教養すら共有していたことを示しています。

今であっても、私たちが中国や台湾を訪ねて街中の標識を見れば、成功するかどうかはともかくその意味の推測を試みることはできますし、韓国・朝鮮語の学習においても、由来となる漢語を知ることは語彙を増やす助けになります。こうした「漢字の恵み」に我々も浴することができますし、ちょうど200年前の義方たちもそうでありました。

次は、日記が異邦人による異文化観察記でもある点です。よく言われることで須賀、自分たちにとってあまりにも当たり前なことを記録するインセンティブは、今も昔も高くありません。文化を共有しない異邦人が見たからこそ、珍しい習慣や風景であるとして文字や記録に残りやすいとされます。特に義方は絵心もある人物で、漂流先で出会った人物や供された食事などの絵を少なからず残しています。これは19世紀朝鮮の一地方の風俗を示す、価値ある証言でもあるはずです。

こうしたことを、著者らしい着実な事実の積み重ねによって立体的に描き出しています。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

近世日朝関係云々という文脈の外からでも、読み物として十分楽しめる一冊です。そして著者は、この漂流記の後日談として、あまりにも衝撃的な運命が義方を襲ったことを示唆しています。絶版になってしまっているようで須賀、これは是非、本を手に取って確かめていただきたいと思います。