かぶとむしアル中

取材現場を離れて久しい新聞社員のブログ。 本の感想や旅行記(北朝鮮・竹島上陸など。最初の記事から飛べます)。

北朝鮮竹島イラン旅行記
ブログランキング・にほんブログ村へ

掲載旅行記一覧【先頭に固定】

2005.10 北朝鮮(平壌へ板門店平壌帰国)

2006.03 韓国(ソウルへ顕忠院安重根紀念館板門店ロッテワールド帰国)

2007.08 中国(上海へ南京へ南京泰山へ泰山北京へ天安門抗日紀念館長城済南へ済南上海豫園上海外灘帰国)

2008.01 欧州(アムステルダムへアムステルダムブリュッセルパリリスボンへロカ岬リスボン郊外スキポール帰国)

2009.09 韓国&竹島(ソウルムクホ竹島鬱陵島独島博物館良洞マウル慶州白村江ソウル帰国)

2009.12 台湾(台北夜市九份淡水烏来帰国)

2010.08 イラン(中東へ ドーハとイラン入国 イスファハーンへイスファハーンシーラーズペルセポリステヘラン帰国)

2011.05 シンガポール(到着市内マレーシア)

2011.10 東欧(クラクフへアウシュビッツクラクフワルシャワスターリンワールドヴィリニュスウィーン帰国)

2012.08 トルコ(イスタンブールへイスタンブールエフェソスパムッカレパムッカレ発北キプロス南北キプロスアダナカッパドキアカッパドキア気球ボスポラス海峡イスタンブール帰国)

2013.07 ロシア(アブダビ空港 モスクワへモスクワキジ島エルミタージュノヴゴロドサンクトペテルブルク帰国)

2015.08 バリ(バリへクタタマンアユンブサキ寺院帰国)

2016.03 タイ(バンコクへバンコクアユタヤ週末市場帰国)

2016.08 済州島(済州市万丈窟潜水艦中文)

2016.11 ソウル(朴槿恵退陣デモ水原と大規模デモ慰安婦像)

2017.06 中朝国境(大連丹東から見る北朝鮮旅順帰国)

2018.03 釜山(中心部太宗台慰安婦像)

2018.04 豪州(シドニーブルーマウンテンズハンターバレー帰国)

2018.09 キューバ(ハバナへハバナゲバラビニャーレス渓谷コヒマルビーチメキシコシティ)

2019.07〜08 バハマアトランタ(バハマへビーチダウンタウンフラミンゴアトランティスアトランタへCNNMLBミッドタウン居住区地域図書館帰国)

 

当ブログ内の旅行記を探しやすいように、一覧を作りました。時系列に並んでいます。

こうしてみると、ちょっとした歴史を感じますね。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

旅行記は随時追加しています

「麒麟がくる」第一話

www.nhk.or.jp

最後まで見られるかわからないけど、初回見てみました。

前半生がよく分かっていない明智光秀が主人公とあって、いきなり成人からの登場でした。明智光秀松永久秀という対照的な2人のサシ飲みシーンはハラハラしましたが、それだけに一番のハイライトでしたかね。斎藤道三が、シュッとし過ぎている気がするけど…(笑)

徐々に主要な登場人物が出てくるのでしょうから、どのような造形になるのか、まず期待です。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

[レビュー]『歴代首相物語』(御厨貴編)

 

増補新版 歴代首相物語 (ハンドブック・シリーズ)

増補新版 歴代首相物語 (ハンドブック・シリーズ)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 2013/12/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

初代・伊藤博文から現職の安倍晋三までの歴代首相を、リーダーシップに注目しながら紹介した本です。

編者の言う通り、執筆者によって書きぶりの違いはかなりありま須賀、総じて戦前については、歴史を追うというより人柄や首相としてのありようが描かれていて興味深かったです。一方で時代が下れば下るほど、歴史的な評価を定めにくいということなので生姜、事績の羅列が増えていったような印象があります。

一つだけ全体的な感想を挙げるとすれば、ある首相の評価は、彼の知見や人格的魅力といった個人的特性のみならず、むしろ在任した時世や政治状況に大きく影響されるのだなということです。

日本が戦争へと突き進みつつある時期の若槻礼次郎広田弘毅、政治改革と経済危機に揺れた1990年代の羽田孜橋本龍太郎らは、その時世に適切に対応できなかったとの評価がなされています。また、原敬小泉純一郎という比較的安定した政権の後継は、いずれもその「後遺症」に苦労しています。これは「ポスト安倍」時代の見通しに重要な示唆を与えるでしょう。

さらに時間を経たのちに、次の首相の項目を付け加えていくのはもちろん、既に書かれた首相の章をどんどん書き換えていってほしい本です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

親子の2019年12月読書「月間賞」

あけましておめでとうございます…とは特に思っていないので、通常の更新です。

 

canarykanariiya.hatenadiary.jp

私はこちらの『自公政権とは何か』にします。歴史的記述、政治過程や選挙の分析ともに優れていると感じました。 

ミュウツーの逆襲 EVOLUTION (てんとう虫コミックススペシャル)

ミュウツーの逆襲 EVOLUTION (てんとう虫コミックススペシャル)

 

長男はこちらのようです。クリスマスにおねだりして手に入れた一冊。児童書も手に取らなくはないので須賀、やはりお気に入りは漫画のようです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

[レビュー]『ジニのパズル』(崔実)

 

ジニのパズル (講談社文庫)

ジニのパズル (講談社文庫)

  • 作者:崔 実
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/03/15
  • メディア: 文庫
 

在日コリアンの少女ジニが、朝鮮学校での出来事を振り返りながら「世界との不和」に向き合う物語です。ジニのキャラクターと相まってか、非常にテンポよく、彼女の葛藤や「革命」が描かれていきます。

(恐らくこれは小説の主題とはみなされないで生姜)私にとって印象的だったのは、やはりどんな部分社会にも多数派と少数派がいて、ある種のヒエラルキーが存在するのだろうということでした。

ジニは小学校時代、日本人の同級生に差別されることもありましたが、日本社会全体の中では少数派と言える朝鮮学校に進学後も、「朝鮮語のできない生徒」として少数派扱いを受けます。学校のあり方にも、日に日に疑問が募っていきます。でも、外部からはそんなことは勘案されず、やはり彼女は差別的言動の標的になってしまう。当たり前で須賀、「敵の敵は味方」のような単純な話ではないのです。

minor of minor などと言うと語弊があるかもしれませんが、その一筋縄ではいかない複雑さを鋭利にえぐった物語だなと感じました。なんか書きながら外山恒一が頭から離れなくなってしまいましたが、ネタバレを避けるべく(?)、短めの紹介とさせていただきます。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

「倭王武」は本当に雄略天皇?/[レビュー]『倭の五王』(河内春人)

 

倭の五王 - 王位継承と五世紀の東アジア (中公新書)

倭の五王 - 王位継承と五世紀の東アジア (中公新書)

 

中国の文献を中心に、古事記日本書紀、考古学的知見などを活用しながら、倭の五王とその時代について読み解こうとする本です。そもそも史料が少なく、その解釈などについても様々な説が出ている時代で須賀、この本のポイントは大体以下の通りです。

-倭の五王の宋への使者派遣は、中国官職を得ることで、国内及び朝鮮半島における五王たちの地位を高めるためのものだった。宋王朝が滅び、後継王朝では自らの権威付けができなくなったと倭国側が判断したこと、そしてその後の倭国内が政治的に混乱したことで、遣使されなくなった

-五王のうち、讃珍と済興武は同族ながら別の政治的グループで、継体を輩出する北陸系とともに三つの王族集団があったと思われる。定説とされる「武=ワカタケル=雄略」にすら疑問点は多々あり、古事記日本書紀に捉われすぎずに5世紀の歴史を組み立てるべき

個人的にも、想像力をかき立てるこの時代には昔から興味があり、その関心を満たしてくれる本でした。ちょっと時代は下りま須賀、当時の国際政治システムと絡めて古代史を紐解く手法は色んなことを教えてくれますね。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

一方で、著者が挙げる中国などの例を鑑みたとき、政治的に異なるグループに属すると見られる讃珍と済興武(さらには北陸系)が、ホムタワケ(応神)に始まる同族であるという前提に立つ必要がどこまであるのかとも感じました。王統の変更に際し、対外的理由で前王と同じ姓(倭国の場合「倭」)を名乗ったケースもあったなら、むしろこれら3グループが血縁的に同族であるとみなす理由もあまりなくなってくるような気がします。まあどちらにしても、現存する史料に十分な根拠があるわけではなさそうなんですけどね。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

[レビュー]『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』(新井紀子)

 

【2019年ビジネス書大賞 大賞】AI vs. 教科書が読めない子どもたち

【2019年ビジネス書大賞 大賞】AI vs. 教科書が読めない子どもたち

 

「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトや、教科書をもとにした読解力テストに取り組む著者が、AIの現状・展望と子どもたちの読解力を関連づけて論じた(ちょっと前の)話題書です。

コンピュータは計算機であり、数学が持っている言葉は論理・統計・確率しかない以上、AIが人間の知能を超えるような事態は当分想定されない、と著者は言います。その一方で、現状のAI技術が苦手な読解*1のパターンは、同様に少なからずの日本の中高生らも苦手としており、AI技術ができることしかできない社会人は、労働市場においてAI技術に代替されてしまう可能性が高い、と主張するのです。

「脳のシステムが電気回路であるとはいえ、私たちの認識をどのような方法で電気回路に落とし込んでいるのか解明できない限り、人間の知性を超えるAIは登場しない」という議論は、同時期に話題となったこの本を連想させます。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

「科学は、生物はアルゴリズムでありデータ処理だとの教義に収斂しつつある」というハラリの見解と、どちらが中長期的に「当たり」に近いかは即断しにくいところです。ただ、前者がAI技術の現状と展望について、冷静かつ抑制的に語るのも謙虚さの発露なのだろうと思う半面、(彼女は「ロマン主義に過ぎない」と批判するのかもしれませんが)何らかの質的な変化を経て、ハラリが言うような未来が訪れる可能性も否定できないのではないか。どちらかと言うと、私はそう感じました。

全体としては、AIと教育を横断的に語る本として、ベストセラーになるだけある興味深い本だと思います。私もこの辺の本を参照したりしながら読み進めました。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

canarykanariiya.hatenadiary.jp

ただ、その上で感じたのは「著者が実験や調査などで得た知見とその論理的帰結」と「それを踏まえつつ展開される著者の持論」がかなり混在している本ではあり、(それ自体が批判すべきことだとは考えませんが)受け手側のリテラシー、いえ、それこそ「読解力」によって、峻別しながら読み進めた方がよいかもしれません。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

*1:そもそもAI技術は文章の意味を読解しているわけではない

どちらも「悪夢」にしないために/[レビュー]『民主党政権 失敗の検証』、『自公政権とは何か』

 

自公政権とは何か (ちくま新書)

自公政権とは何か (ちくま新書)

 

実は『近現代日本を史料で読む』(御厨貴編著) - かぶとむしアル中くらいから、なんとなく日本近現代史を下ってきていたので須賀、ようやく今年の参院選直前までたどり着くことができました。

 

1冊目は書名の通り、民主党政権がなぜ短期で崩壊したのかについて、政権運営からマニフェスト子ども手当などの個別の政策に至るまで検証した本です。ただ震災対応については、出版時点では特に現在進行形の事象が多いためか触れられていませんでした。

マニフェストを掲げて台頭・政権獲得を達成した民主党でありながら、政権獲得後の政治的な破局の引き金になったのは、普天間移設や消費増税といった「マニフェストにない(そこまで踏み込むとは書いていない)首相案件」であったことなど、リアルタイムで見るのとは違う視点で、政権の全容を俯瞰することができました。

その中で印象的だったのは、随所に出てくる「民主党政権交代を実現することを優先しすぎた」という指摘でした。もともと民主党は都市型の改革政党として力をつけていきましたが、小沢一郎率いる自由党との合併後に、もともと自民党の支持層だった利益団体を切り崩す「川上戦略」で参院一人区を押さえてねじれ国会を現出させ、ついには総選挙で勝利しました。しかし、それは党内に異なる政策や支持基盤を持つ議員を抱え、マニフェストの政策が雪だるま式に膨れ上がっていくことを意味しました。この本では「2009年総選挙は、そこまでしなくても敵失で勝てた」と一刀両断(?)にしていま須賀、マニフェストの財源問題や最終的な党分裂といった民主党政権の亀裂は、この時点から既にあったと言えるでしょう。

ただこれは、「小沢が悪い」というような話ではありません*1民主党自民党の基盤に切り込めたのは、小泉政権に象徴される自民党側が、そうした基盤から無党派を意識した政策に切り替えた(「構造改革」路線)からであり、もっと言うと改革路線の本家だったはずの民主党が、郵政選挙で大敗を喫してしまったからでもあります。そこには自民・民主双方が党内対立を抱え続けた日本政治のありようが反映されています。

 

2冊目は、反対側の自公政権について、55年体制以降の連立政権のあり方という視点から論じた本です。連立に関する理論から歴史、そして現行の自公政権政権運営選挙協力までが鳥の目・虫の目両方交えて説明されています。

この本は、自公政権が安定的に持続している主な理由は、大きく分けて「連立のマイナーパートナー(つまり公明党)に配慮した政策決定およびそのプロセス」「地方レベルにまで浸透した高度な選挙協力による実利」の二つだと論じています。特に2017年総選挙では、選挙協力によって自民党が50前後、公明党が10 弱の議席を得ているとの試算も示されており、そうした「成果」をもとに永田町でも地域社会でも人脈の重層化が進んでいると指摘します。それゆえに「自公政権は、一般に考えられている以上に安定的」で、「野党が政権交代を目指すには、選挙制度改革を含む政治改革を行う方が近道かもしれない」。著者はここまで述べています。

一つの救いは、日本の選挙制度に関する理論面での指摘だと思います。著者によれば、衆院選小選挙区比例代表並立制は、複数政党が二極化しながら併存する「二ブロック型多党制」を招くとされます。この政党システムは、選挙時に政権選択をしながら細やかな民意を反映しやすくなる(「自公政権がいいけど福祉の充実を進めてほしい」と考える人が公明党に投票するなど)ため、優れた制度の一つと言えます。少なくとも下院の選挙制度として、私たちはこれを採用しているのです。

今の首相は、「悪夢のような民主党政権」と度々言い立てます。(先日亡くなった元首相が言うような)歴史という法廷に立つ時、断罪されるのはその現職首相の方だと私は確信していま須賀、民主党政権が悪夢だと言っても、自公連立の上に立つ安倍政権が悪夢だと切り捨てても意味がないばかりか、かえって有害だとしか思いません。前者の「失敗」に学び、後者の「成功」に学ぶことが、この国の政治を鍛えるのだと考えています。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

*1:まあ、悪くなかったとは思いませんけど