かぶとむしアル中

取材現場を離れて久しい新聞社員のブログ。 本の感想や旅行記(北朝鮮・竹島上陸など。最初の記事から飛べます)。

北朝鮮竹島イラン旅行記 ブログランキング・にほんブログ村へ

掲載旅行記一覧【先頭に固定】

2005.10 北朝鮮(平壌へ板門店平壌帰国)

2006.03 韓国(ソウルへ顕忠院安重根紀念館板門店ロッテワールド帰国)

2007.08 中国(上海へ南京へ南京泰山へ泰山北京へ天安門抗日紀念館長城済南へ済南上海豫園上海外灘帰国)

2008.01 欧州(アムステルダムへアムステルダムブリュッセルパリリスボンへロカ岬リスボン郊外スキポール帰国)

2009.09 韓国&竹島(ソウルムクホ竹島鬱陵島独島博物館良洞マウル慶州白村江ソウル帰国)

2009.12 台湾(台北夜市九份淡水烏来帰国)

2010.08 イラン(中東へ ドーハとイラン入国 イスファハーンへイスファハーンシーラーズペルセポリステヘラン帰国)

2011.05 シンガポール(到着市内マレーシア)

2011.10 東欧(クラクフへアウシュビッツクラクフワルシャワスターリンワールドヴィリニュスウィーン帰国)

2012.08 トルコ(イスタンブールへイスタンブールエフェソスパムッカレパムッカレ発北キプロス南北キプロスアダナカッパドキアカッパドキア気球ボスポラス海峡イスタンブール帰国)

2013.07 ロシア(アブダビ空港 モスクワへモスクワキジ島エルミタージュノヴゴロドサンクトペテルブルク帰国)

2015.08 バリ(バリへクタタマンアユンブサキ寺院帰国)

2016.03 タイ(バンコクへバンコクアユタヤ週末市場帰国)

2016.08 済州島(済州市万丈窟潜水艦中文)

2016.11 ソウル(朴槿恵退陣デモ水原と大規模デモ慰安婦像)

2017.06 中朝国境(大連丹東から見る北朝鮮旅順帰国)

2018.03 釜山(中心部太宗台慰安婦像)

2018.04 豪州(シドニーブルーマウンテンズハンターバレー帰国)

2018.09 キューバ(ハバナへハバナゲバラビニャーレス渓谷コヒマルビーチメキシコシティ)

2019.07〜08 バハマアトランタ(バハマへビーチダウンタウンフラミンゴアトランティスアトランタへCNNMLBミッドタウン居住区地域図書館帰国)

 

当ブログ内の旅行記を探しやすいように、一覧を作りました。時系列に並んでいます。

こうしてみると、ちょっとした歴史を感じますね。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

旅行記は随時追加しています

『北朝鮮と観光』(礒﨑敦仁)

 

北朝鮮と観光

北朝鮮と観光

 

北朝鮮と観光について、北朝鮮政治を専門とする研究者が論じた本です。具体的には、北朝鮮観光の歴史や金正恩体制下の観光政策、パンフレットやガイドブックで見る北朝鮮観光、主に韓国人による開城観光の顛末などが紹介されています。

日本人観光客の受け入れが始まった1987年以降、政治情勢の影響などによる中断を挟みながら展開されてきたこと、外貨獲得が重要な目的でありながらも体制の宣伝に主眼が置かれ、体制維持への配慮がより重視されてきたとみられることなど、北朝鮮×観光という切り口で見ればこその知見が多くありました。一方で、かなり抑制的・概観的に書かれている印象が強く、もっとディテールに触れていれば内容豊かな議論になったのではないかなという気がしました(敢えてそうしていないようにも見えましたが…)。

かくいう私も、「旅行記が濫立した2000年代」にネット上に北朝鮮旅行記を公開した一人でして、各章の記述を懐かしく読みました。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

こうした個別の経験に全体的な見取り図を与えてくれる本でしたが、そうした個別の事象への愛をもう少し滲ませてくれてもよかったのにと、同じ訪朝経験者としては思いました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

『「学力」の経済学』(中室牧子)

 

「学力」の経済学

「学力」の経済学

 

教育政策に実験とデータ分析による科学的根拠(エビデンス)を反映させる重要性について、国内外の具体的な研究結果を紹介しながら論じた本です。ちょっと前にいろんな反響があった本だそうですね。

子供へのご褒美や生活習慣、非認知能力、少人数学級の効果、教員の質の影響などに関する多くの研究結果が挙げられていて興味深かったです。

一方で著者は、少なくないテーマにおいて政策の「効果」を子供の学力の向上や生涯年収の向上と定義づけ、その「費用対効果」に基づいて教育政策を決定せよと主張します。学問的手法として教育の「投資効果」を計算されるのは結構なことだと思いま須賀、その算盤勘定だけで学校のあり方や先生の言うことが変わってしまうとしたら、子供に対してはとても気の毒なことだと思います。

これらの研究結果から先の、そこからどんな主張に結びつけるかという部分の問題として、「教育は受けた子供の生涯年収を上げることが最大の使命だ」というのは、やや一面的な議論だと思います。

もっと具体的な内容に関する批判も見つけましたので、最後にご紹介させていただきます。

garnet.cocolog-nifty.com

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

密造酒と密輸入酒の思い出/『イスラム飲酒紀行』(高野秀行)

 

イスラム飲酒紀行 (講談社文庫)

イスラム飲酒紀行 (講談社文庫)

 

酒飲みを自称する著者が、チュニジアアフガニスタン、マレーシア、イラン、トルコ、シリアからソマリランドまで、イスラム圏各国で出会った人々と酒について語った一冊です。

私はアル中というわけではありませんが、中東のイスラム圏の国々を何度か訪ねたことがあり、楽しく読むことができました。

特に感慨深かったのはイランでした。私は著者のように酒を探し回ったりしませんでしたけれども、ちゃっかり現地の方の家に上がり込んで、密造酒を飲ませてもらったりトルコから密輸入したビールを頂戴したりしました。その時の酒の味…は覚えているようで覚えていないんですけど、その時話したことや、出会った皆さんとの交誼はありありと思い出され、本当に懐かしい気持ちになりました。

そうなんです。酒の話は酒の話で面白いんですけど、やはりそこには現地の人とのやりとりや、生活の息遣いがあるんですよね。特に飲酒が建前上、禁止されている地域であれば、そのコミュニケーションは建前と本音を上手く使い分けたものにならざるを得ません。その辺の機微ーしっかりした前提知識に基づく駆け引きや読者への説明ーがこの本の面白さだろうと思います。

最近、旅行でも読書でもイスラム圏から遠ざかってしまっている気がします。次は久々に、また中東方面に行きたいなあ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

『幼児期と社会1』(エリク・エリクソン)

 

幼児期と社会 1

幼児期と社会 1

 

人間の心理社会的発達に関する著名な本です。フロイトの影響のもと、幼児の症例やネイティブアメリカンの幼児期、有名な8つの発達段階などについて論じています。

友人との読書会で扱いまして、そこでも話したので須賀、私は2つの理由で、この本の内容は「そんな解釈もあるんだな」くらいの受け止め方がいいのかなという気がしました。まずは会でも指摘があった通り、フロイト的な論理展開がかなり多く、それが因果関係などの論証として十分なのかは留保をつけた方がよいと思えたのが一つ。そしてもう一つは、あまりこの本の内容を「真に受けて」心配し過ぎると、子供とどう接していいか分からなくなってしまいそうな気がした点です。こう接してはいけない、こういう印象を与えてしまうとリスクがある、などと考え出してしまうと(私は考え出してしまいやすいので)、身動きが取れなくなってしまいそうです。

個人的にも、生後すぐに開腹手術をして特に幼児期に便秘気味であったことと、ものを溜め込んだり蓄積したりするのが好きな現在に連なる性質の間には関係がある、と言われるとまあそうなのかもなと思わなくもありません。全然メチャクチャなことが書いてある、という趣旨ではありませんが、適度な距離感を保って接したい知見だと感じています。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

『知りたくなる韓国』(新城道彦、浅羽祐樹、金香男、春木育美)

 

知りたくなる韓国

知りたくなる韓国

 

歴史、政治、社会、文化など、幅広い分野で「韓国の現在地」を紹介する本です。日頃の報道などではなかなか出てこない、韓国を知る上での前提条件になるような内容が多く収められています。

例えば少子化や経済格差、老後の経済的不安といった日本でも社会問題となっている現象の多くが、日本よりも苛烈に現れています。その結果、若い世代の少なからずは自国を「ヘル朝鮮」と呼んで絶望し、子供が海外で活躍できるよう多額の教育費を投入するようになっているというのです。単純比較は難しい問題で須賀、こうした格差や生活不安へのフラストレーションの強さは、韓国社会を見る上でかなり重要な要素であるという気がします。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

私が見た朴槿恵退陣デモも紹介されていましたが、市民の直接的行動によって民主主義を勝ち取った「成功体験」とともに、プッシュ要因とプル要因のような形でこうした現象も理解できるのかもしれません。

こうしてみると日韓は社会課題という意味でもかなり共有しているとも言えるわけで、お互いの知見を生かしあえるような、前向きな関係が築ければ利益もあると思うので須賀…

やや時事的で「腐りやすい」内容を扱っている難しさはありま須賀、テーマの「横の広さ」でうまく韓国やそこに住む人々の生活を描けている本だと思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

宇宙人が投げる隕石/長男言行録最終回(5歳0・1カ月)

彼も5歳になりましたので、このコーナーはこの辺でおしまいにしておいた方がお互いのためであるような気がしているので須賀、最後にネタを2つ。

「白いパンツを履いている時に、うんちをするべきじゃなかった」

これは保育園で用を足した時に、お尻を拭くのが不十分だったことがありまして、ちょっとですけど、パンツが汚れてしまっていたんですね。私が叱ったというよりは、お気に入りのキャラクターが描かれた下着だったので、本人のショックが大きかったようです…

まあ確かに、用を足さなければ白いパンツが汚れるリスクはないですし、例えば黒いパンツなら多少汚れてしまっても(清潔かどうかは別問題として)目立ちはしません。その意味で話の筋は通っているので須賀、流石にそれは、この問題の解決法としては妥当ではないでしょう(笑)

子供の発言なら笑って他の解決策を提案できますけど、たまに大人の世界にもこういう論法が出てくることがあるので、注意したいなと思いました。

 

もう一つは細君からの又聞きなので須賀、こんなことを言ったそうです。

隕石は、宇宙人が投げるの?

たまたま恐竜についてのマンガを読んでいた時期に、テレビで恐竜の絶滅についてやっていたのを見て母親にこう尋ねたのだそうです。微笑ましいですね。ただ極端な話、本当にそういう隕石もあるかもしれませんよね。太陽系の外に飛んで行った探査機だって、地球外生命体からすればまさに「地球人が投げた金属塊」でしょうから。

 

冒頭で申し上げた通り、もう一丁前の少年である長男の言動を父親の恣意でつまみ食いするのは終わりにしようと思います。いつか本人と、笑ってこのコーナーを見返せる日が来るのを楽しみにしています。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

読破は一日にして成らず/『ローマ人の物語1』(塩野七生)

 

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)

 

第1巻を楽しく読ませていただきましたが、2巻目以降はまた気が向いたら読むことにしました。

中学生の頃ほど「歴史小説を読むくらいなら、史実(と目される内容)が書いてある専門書を読んだ方がいい」と思うわけではありません*1が、読み切るのにどのくらいの期間がかかるかなと考えた時に、今は本棚にある別の本を先に読みたいと思うに至りました。

専門書もそうですけど、小説も歴史に対する切り口や解釈がないとまとまったものは書けないはずで、その点でも『ローマ人の物語』は面白そうだとは思います。ただやはり、読破するのも「一日にして成らず」感は強かったです…

saavedra.hatenablog.com

たまたまこんな記事も見つけて読ませていただきまして、ここに紹介されている本を読んで気分が乗ってきたら、いつか読んでみようかなと思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

*1:最近司馬遼太郎ばかり読んでいる