かぶとむしアル中

取材現場を離れて久しい新聞社員のブログ。 本の感想や旅行記(北朝鮮・竹島上陸など。最初の記事から飛べます)。

北朝鮮竹島イラン旅行記
ブログランキング・にほんブログ村へ

掲載旅行記一覧【先頭に固定】

2005.10 北朝鮮(平壌へ板門店平壌帰国)

2006.03 韓国(ソウルへ顕忠院安重根紀念館板門店ロッテワールド帰国)

2007.08 中国(上海へ南京へ南京泰山へ泰山北京へ天安門抗日紀念館長城済南へ済南上海豫園上海外灘帰国)

2008.01 欧州(アムステルダムへアムステルダムブリュッセルパリリスボンへロカ岬リスボン郊外スキポール帰国)

2009.09 韓国&竹島(ソウルムクホ竹島鬱陵島独島博物館良洞マウル慶州白村江ソウル帰国)

2009.12 台湾(台北夜市九份淡水烏来帰国)

2010.08 イラン(中東へ ドーハとイラン入国 イスファハーンへイスファハーンシーラーズペルセポリステヘラン帰国)

2011.05 シンガポール(到着市内マレーシア)

2011.10 東欧(クラクフへアウシュビッツクラクフワルシャワスターリンワールドヴィリニュスウィーン帰国)

2012.08 トルコ(イスタンブールへイスタンブールエフェソスパムッカレパムッカレ発北キプロス南北キプロスアダナカッパドキアカッパドキア気球ボスポラス海峡イスタンブール帰国)

2013.07 ロシア(アブダビ空港 モスクワへモスクワキジ島エルミタージュノヴゴロドサンクトペテルブルク帰国)

2015.08 バリ(バリへクタタマンアユンブサキ寺院帰国)

2016.03 タイ(バンコクへバンコクアユタヤ週末市場帰国)

2016.08 済州島(済州市万丈窟潜水艦中文)

2016.11 ソウル(朴槿恵退陣デモ水原と大規模デモ慰安婦像)

2017.06 中朝国境(大連丹東から見る北朝鮮旅順帰国)

2018.03 釜山(中心部太宗台慰安婦像)

2018.04 豪州(シドニーブルーマウンテンズハンターバレー帰国)

2018.09 キューバ(ハバナへハバナゲバラビニャーレス渓谷コヒマルビーチメキシコシティ)

2019.07〜08 バハマアトランタ(バハマへビーチダウンタウンフラミンゴアトランティスアトランタへCNNMLBミッドタウン居住区地域図書館帰国)

 

当ブログ内の旅行記を探しやすいように、一覧を作りました。時系列に並んでいます。

こうしてみると、ちょっとした歴史を感じますね。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

旅行記は随時追加しています

蘇我氏・藤原氏から紀伊国造家まで/『古代史講義 氏族編』

 

蘇我氏藤原氏から紀伊国造家まで

こちらのシリーズの「氏族編」です。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

大伴氏・物部氏蘇我氏藤原氏・源平といった有名氏族から、土師氏(菅原氏)、東漢・西文氏、あるいは紀伊国造としての紀氏*1など、知名度は前者に劣るものの興味深い系統までを扱っています。

個別の論点は読んでいただいた方が面白いと思いま須賀、特に古代氏族に共通して印象的なのは、倭王権を支えた頃の氏姓制から律令制への変化に応じて、各氏族のあり方も変わっていった(変わらざるを得なかった)ことです。

必ずしも親戚ではなかった物部氏

例えば物部氏は、何らかの職掌を担って王権に貢献する「部」の一つである「物部」の統率者とされ、必ずしも血縁関係のある集団ではなかった*2といいます。また、一族が父系で継承されていくという観念も律令制以降に定着したもので*3藤原不比等の妻として光明子を産んだ県犬養橘三千代のように、その過渡期にあって母系の影響力を行使した人物もいました。

古代国家の変化と連続性

一方では、ウヂとして(血縁)集団で特定の職掌を担うのではなく、各個人の能力で天皇に奉仕するという律令制の建前がありながらも、藤原北家を中心とする公卿たちは蔭位の制で優遇され、賜姓源氏たちも一世二世はその恩恵にあずかれる、という現実もありました。

こうした古代国家の変化とその連続性を具体的事例とともに知ることができるのは、本書の大きな魅力だと思います。

*1:紀貫之らを輩出した一族とも関係あるものの、紀伊日前宮に拠って現在まで続いているそうです

*2:例えば物部麁鹿火物部尾輿物部守屋もそれぞれ親子関係などではないそうです

*3:そして今、それが問い直されつつあるわけで須賀

「衰退のはけ口」とか「新しい資本主義」とか/『私は本屋が好きでした』(永江朗)

読書会の二冊目です。

恥ずかしながら出版流通の仕組みについてはほとんど知らなかったので、その中でいわゆる「ヘイト本」がなぜ書店の一角を占め続けるかも含めて勉強になりました。

その上で話題になったのは、ヘイト本の顧客像でした。日本の勢いが官民ともに下向き続けている今、かつて中韓への優越感の中で価値観を育んできた人たちがある種の「郷愁」を感じて、これらの本に手を伸ばしている。これは本書でも挙がっていた仮説だったように思います。

とするならば、"Japan as No.1"と謳われた時代に社会人になった世代がリタイアし、あるいは「役職定年」的な事情で経済的なゆとりを失った場合、彼らのうちの少なからずがヘイト的なものにはけ口を求めることはないのか。もっと言えば、経済規模と福祉がともに拡大する「黄金時代」を過ぎ、先進国で福祉国家からの撤退が言われるようになった1980年代から、すでにその傾向は始まっているのではないか。しかし「親世代より貧しい暮らしをせざるを得ない」ことがある程度、社会的な経験になった場合でも、その鬱屈した感情を特定の人(たち)にぶつけていいはずはもちろんないわけで、その時「成長を望めない時代」に生きる人々(恐らく我々も)は、何をもって充足すべきなのかーそんな話をしていました。

成長できない世界は戦争に帰結する、とも言われます。でもその発想や時間感覚こそが、近代ならではなのかもしれません。とはいえ、中世(あるいは封建)的な生活感覚をこれから再評価することが私達にできるでしょうか。この段落は個人的な呟きで、その場の議論にはなりませんでしたが、なんとなくその場の皆で合意できた(?)のは、自分好みの本屋を開いてなんとかやっていけるなら、それは楽しいかもねということでした。

アイデンティティの複数性/『ある男』(平野啓一郎)

【目次】

 

友人とのオンライン読書会で扱った本、その一です。

映画化されるそうですし、筋書きには触れません。

アイデンティティの複数性

「過去に関係なく人を愛せるのか」というところが主題とされているのは否定しませんが、私の印象に残ったのは、人間の多面性、もっと言えばアイデンティティの複数性でした。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

この本からの着想でもあるので須賀、一人の人間には先天的・後天的を問わずさまざまな属性があります。性別・年齢・人種・出生地・誕生月(「◯◯座」とかも)・血液型・生まれた家庭の環境もそうですし、勤務先・学歴・趣味・好きなスポーツチームなどもそうでしょう。それぞれがその人を形づくる一要素であって、逆にいうと一要素に過ぎないはずで須賀、特定の属性だけをあげつらわれ、それがその人の全てであるかのように批判・中傷されることもしばしばあります。

主人公が「ある男」に惹かれた理由

アマルティア・センは同書で「単一基準のアイデンティティでもって人間を切り分けるあり方が暴力を生み出し、増幅することを指摘し」*1ました。ここでやっと『ある男』に戻ると、その主人公が「ある男」に惹かれるように謎解きを続けたのには、ともに先天的な(自分が選び取ったわけではない)属性の一つによる暴力に晒された/つつあることが関係あるのではないか。さらに言うと、著者はまさにセンの言うような暴力の発露や増幅に警句を発する意図があったのではないか。そう感じました。

よく作り込まれたストーリー

読書会の参加メンバーからは「ちょっと作り込み過ぎ」という感想もありましたけれども、しっかり構成されており、読み進めていて十分楽しかったです。かなり俗っぽい言い方にはなりますけど、夫婦の倦怠期的なシーンも一つの「スパイス」として描かれていましたね。

*1:以前のレビューからの引用です

原敬と「大衆の大正」/『原敬』(清水唯一朗)、『真実の原敬』(伊藤之雄)、『大正史講義』

【目次】

 

「賊軍」から山県も認める首相へ

どちらも「初の平民宰相」などとして名高い原敬の評伝です。

「賊軍」となった盛岡藩に生まれ、新聞記者、外務省などでの(高級)官僚などのキャリアを経て政友会に身を投じた原。その政友会内でも最初から人望があったわけではもちろんなく、いわゆる「党人派」との関係や世論の批判になんとか対処しながら総裁・総理候補として名声を高め、ついには政党嫌いの山県有朋に組閣を認めさせるにまで至ります。首相としても鉄道網整備などによる産業振興や教育振興など、長期的視野に立った政策を進めながら(前後と比べて)安定した政権運営を進めていましたが、よく知られているように東京駅で凶刃に斃れたーというのがあらすじになっています。

1冊目は今年話題になった本で、人間・原敬がいろんな人や事件に揉まれて徐々に成長していくさまが生き生きと描かれていました。2冊目は、同時代の政治家の評伝を多くまとめている著者によるもので、(憲政会の加藤高明とともに)元老・西園寺公望の信任も厚く、暗殺がなければ若き昭和天皇を支える元老的な立場に立っただろうことが示唆されています。

多元的体制の基底にあった「大衆」の登場

原敬と並び称された加藤高明が病没したのが、大正最後の年でした。大正の15年間を中心に様々な角度から時代を読み解くのがこちらの本です。

国内政局や対中・対英米などの対外関係、国内の思潮や運動などテーマは多様で須賀、やはりこの時代で特筆すべきは冒頭にも出てくる「大衆の登場」だと感じました。

その端緒はポーツマス条約反対の日比谷焼き討ち事件であり、いわゆる大正政変がそれに続くので須賀、そもそも多元的な明治憲法体制(政党・官僚・軍・枢密院・元老…)の土台の部分にある大衆が可視的な力(時には暴力)とともに意思表示を強め、その「上」に割拠する政治的エリートたちもそれを無視できなくなっていきました。先述した山県が原の組閣を認めたのも、政友会と憲政会が組んで再び護憲運動を起こすことを恐れたためとされますし、首相となった原が「普選尚早論」のスタンスを取ったのも、大衆への向き合い方ともちろん関係があるわけです。

こうした大衆運動や暴動は、この後に最後の元老となった西園寺が新首相を天皇に推薦するありようと非常に対照的です。逆に言えば、元老という明確な根拠を持たない制度によって、ある種掴みどころのない大衆の受け止めまでを想定しつつ、一人でこの役割を担わなければならないことへの重圧は相当なものであったでしょう。「人を知らないから推薦できない」と西園寺が消極的になっていくのも、心情的にはわかる気がしてきました。

『ヒトラーとナチ・ドイツ』(石田勇治)、『ヒトラー』(芝健介)、『「ナチスの手口」と緊急事態条項』(長谷部恭男・石田勇治)

【目次】

 

ヒトラーとナチ・ドイツを巡る3冊です。

薄氷の軍事的成果

前2冊はヒトラーの出生から語り起こしながらも、前者は彼が総統として独裁的権力を握る(ワイマール共和国が崩壊する)過程と「国家的メガ犯罪」としてのホロコースト、後者は彼が巻き起こした侵略戦争と戦後における「ヒトラー像」について、それぞれ力点が置かれています。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

前者は再読なので、その時のレビューを紹介しておくにとどめます。後者では、深刻な財政危機から目を逸らすために対外拡張を繰り返した側面、そしてラインラント進駐や第二次大戦前半のフランス打倒が薄氷を踏むような「勝利」だった点、スターリングラードでの戦いの前から、ヒトラーその人が大戦での負けを察知していたのではとの証言などが印象的でした。

国民的合意と側近の忖度に支えられた政権

canarykanariiya.hatenadiary.jp

最終章を割いたヒトラー像の議論はこちらの本を思い出しました。時代による変遷を経つつも、近年はナチ体制が国民的合意と側近の忖度に支えられていた面が強調されているとのこと。今の日本に生きる私たちとしても、学ぶべきことはまだまだ多そうです。

「合法的に成立した独裁」は誤り

3冊目は、(書名はなんだか安っぽいで須賀)特にワイマール憲法体制が破壊されていく過程について、憲法学とドイツ近現代史の第一人者が論じているとてもよい本です。

ヒトラーは大衆から選挙で選ばれた」(→保守派の思惑により少数派内閣として成立)、「ヒトラーは合法的に独裁体制を樹立した」(→契機となった国会議事堂炎上はナチスの自作自演)といった、一連の経緯についてよく言われる誤解を解きほぐしつつ、一時的な「委任独裁」を企図したワイマール憲法の国家緊急権が、憲法の規範を超えたむき出しの憲法制定権力の如き「主権独裁」を招いたことを説明します。その上で、それを防ぐための各国の緊急事態条項に込められた工夫などに言及しながら、現状、日本で提案されている条項の危険性を指摘しています。

「むき出しの主権独裁」をどう防ぐか

昨年からの新型コロナウイルスの世界的流行や、先の衆院選改憲論議に前向きな「ゆ党」が伸張したことで、日本でもこれから、「緊急事態条項から改憲を」との声は大きくなってきそうです。そこで「改憲派護憲派」の「敵か味方か」的な不毛な分断に陥らないためにも、この本に書かれているような内容は把握した上で、「憲法に書き込む必要があるのか」「あるとすれば、どんな条項にする必要があるのか」を冷静に議論できればよいのではないかと感じました。

選挙の日に読んだ本/『民主主義とは何か』(宇野重規)

 

ギリシアからの民主主義を巡る紆余曲折の歴史を、参加と責任をキーワードに語る本です。

先日行われたような選挙や、それが前提とする議会制はそもそも民主主義と由来を同じくするものではありません。自由民主党を中心とする政権が維持されることになりましたが、個人の多様性を前提に少数派の尊重を重んじる「自由主義」と、多数決で物事を進めようとする「民主主義」は、その長い歴史の中でむしろ対立しかねない概念と見做されてきました*1。そしてむしろ多くの場合、民主主義こそ危険なものと考えられてきたのです。

著者は本書の中で、何か具体的な主張や提言をするわけではないので須賀、いつにも増して民主主義の危機が叫ばれる中、ここまでに少し触れたようなその可変性、丸山眞男的に言えば「永久革命」的な性格に期待を表明しています。

この本は、著者が菅政権によって学術会議会員への任命を拒否された時期に書店に並び、その意味でも注目を集めました。その「事件」から最初の総選挙は、直前の内閣の交代でその責任(の有無や所在)を問うことなく終わってしまった観がありま須賀、図らずも当事者になってしまった身としてどうお感じになったでしょうか?

…それはともかくとしても、本書は語り口はソフトながら内容は濃密で、新書サイズで飲み込むのは逆にしんどいくらいでした。この先も折に触れて、めくってみるのがよい本かもしれません。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

同じ著者の似たテーマでは、こちらも体系立ててまとまっています(こちらも噛み応えがありま須賀…)。

*1:「立憲共産党!」と叫んでいた自民党幹事長は民主主義の洗礼を受けたようで須賀、この辺の歴史的事情を理解していたでしょうか?

維新が伸びた理由とまだまだ続きそうな政界再編/『政界再編』(山本健太郎)

【目次】

 

他党と選挙協力や合流を重ねると「選挙目当ての野合」と批判され、政策で純化すると党内対立が激化し分裂するー。主に現行選挙制度下で野党が抱える政界再編のジレンマについて論じた本です。10月31日の総選挙とその後の政局に深い示唆を与えてくれる議論もありますので、そこを切り口にご紹介します。

立憲民主党が減らし、日本維新の会が伸びた理由

著者は、政治改革後に登場した新進党をはじめとする非自民野党の歴史を振り返りながら、安全保障などのイデオロギー的な論点ではあまり尖った主張をするより、行政改革などを通じてよりよい統治パフォーマンスを出せることをアピールした方がよい、と有名なダウンズの空間理論を引用しながら述べています。長期政権を保つ自民党が右寄りにある以上、対抗する野党は左側をうまく押さえつつ、ボリュームゾーンである(と思われる)中道に寄るべきだという提案です。

この著者(やダウンズ)の議論から見て、今回の総選挙結果はどう分析できるでしょうか。まず、自民党がどの位置にいるのか、判断しかねる有権者が多かったのではないかと思います。著者が指摘したように、長期にわたった安倍政権は明らかに自民党政権の中でも右寄りでしたが、新しく成立した岸田政権がどちらに動くのか、ややもすれば相反するメッセージが流されてきました。宮澤喜一以来となる、自民党内で最もリベラルとされる宏池会出身の首相であり、(言う順番はともかく)富の「分配」という論点を大きく掲げました。

一方で、安倍元首相に近いとされる人物が幹事長や政調会長に座り、敵基地攻撃能力の保持についても積極的な発言をするなど、実態は安倍政権の継続の色合いが強いように見え、そして何より、発足直後の選挙であり、良くも悪くも判断材料となる実績がほとんどありません。岸田自民党がどちらに動くのか、未知数の要素が多い段階でした。

逆に、民進党のリベラル派が立ち上がった立憲民主党はしばらく理念的な凝集性を重視し、今回総選挙では特に、さらに左に位置する共産党と本格的な野党共闘に踏み切りました。もともと左寄りだった野党第一党が、さらに左に寄った印象を与えたとすれば、中道的なスタンスの有権者は身近には感じなかった可能性があります。

そこに出てきたのが、「第三極」*1の維新です。彼らが選挙で訴えたのが改革、すなわち本書で言うところの「よりよき統治」であり、大阪府・市での実績である、とされました。政権の立ち位置がわからない、野党第一党は左に寄った。その空いた隙間に、イデオロギーより改革姿勢を語った維新が入り込んだというのが、選挙協力をしたにもかかわらず立憲民主党議席を減らし、維新が急進した一因と読み取れます。

政界再編を巡る動きは続きそう

本書の議論を当てはめると、選挙後も政党間の議員の移動や新党設立など、規模はともかく政界再編の動きは起こりやすい状況と言えそうです。

著者は、与野党2大陣営が強い時期より弱い時期の方が、第三極が立ち回り、選挙で生き残る余地が増えると述べています。現状、自民党立憲民主党議席を減らしており、特に後者は敵失の目立った試合で負けてしまったわけで、既存の第三極政党が議員引き抜きを図ったり、今は国会にいない勢力が国政新党を立ち上げる誘因は高いことになります。特に立憲民主党は、選挙前に旧国民民主党など、やや保守的な議員を糾合しています。党内で執行部の責任を問う声が高まっているのは当然のことだと思いま須賀、著者が指摘する「落ち目になることが路線対立を深める」パターンに陥ってしまうのかどうかは、当の執行部のマネジメントを含め、焦点になってくるのではないでしょうか。

維新は先述のように、立憲民主党保守系議員に秋波を送りつつも、中長期的には自民党政権に近いスタンスをとっていくことが、本書で振り返った歴史からは予想できそうです。

自公政権とは何か』との併せ読みがオススメ

このように、55年体制終焉後の政治史を語りつつ、特に今回の総選挙と政治情勢を考える上で勉強になる知見も盛り込まれており、興味深い一冊でした。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

同期間の自公政権側を分析したこちらと併せ読むと、さらに面白いと思います。

その上であえて言うなら、本書でのダウンズを敷衍した議論はややシンプル過ぎる印象を受けました。構成の問題として、最後に持ってきて(このレビューの前半で述べたような)結論を補強するのに使うより、最初にモデルを説明して、その都度妥当性を示していく方が説得力があるように思いました。

図書館で借りて読んだので須賀、手元に置いておこうと思います。

*1:と言いつつ実質的には与党の補完勢力に見えま須賀