かぶとむしアル中

取材現場を離れて久しい新聞社員のブログ。 本の感想や旅行記(北朝鮮・竹島上陸など。最初の記事から飛べます)。

北朝鮮竹島イラン旅行記 ブログランキング・にほんブログ村へ

掲載旅行記一覧【先頭に固定】

2005.10 北朝鮮(平壌へ板門店平壌帰国)

2006.03 韓国(ソウルへ顕忠院安重根紀念館板門店ロッテワールド帰国)

2007.08 中国(上海へ南京へ南京泰山へ泰山北京へ天安門抗日紀念館長城済南へ済南上海豫園上海外灘帰国)

2008.01 欧州(アムステルダムへアムステルダムブリュッセルパリリスボンへロカ岬リスボン郊外スキポール帰国)

2009.09 韓国&竹島(ソウルムクホ竹島鬱陵島独島博物館良洞マウル慶州白村江ソウル帰国)

2009.12 台湾(台北夜市九份淡水烏来帰国)

2010.08 イラン(中東へ ドーハとイラン入国 イスファハーンへイスファハーンシーラーズペルセポリステヘラン帰国)

2011.05 シンガポール(到着市内マレーシア)

2011.10 東欧(クラクフへアウシュビッツクラクフワルシャワスターリンワールドヴィリニュスウィーン帰国)

2012.08 トルコ(イスタンブールへイスタンブールエフェソスパムッカレパムッカレ発北キプロス南北キプロスアダナカッパドキアカッパドキア気球ボスポラス海峡イスタンブール帰国)

2013.07 ロシア(アブダビ空港 モスクワへモスクワキジ島エルミタージュノヴゴロドサンクトペテルブルク帰国)

2015.08 バリ(バリへクタタマンアユンブサキ寺院帰国)

2016.03 タイ(バンコクへバンコクアユタヤ週末市場帰国)

2016.08 済州島(済州市万丈窟潜水艦中文)

2016.11 ソウル(朴槿恵退陣デモ水原と大規模デモ慰安婦像)

2017.06 中朝国境(大連丹東から見る北朝鮮旅順帰国)

2018.03 釜山(中心部太宗台慰安婦像)

2018.04 豪州(シドニーブルーマウンテンズハンターバレー帰国)

2018.09 キューバ(ハバナへハバナゲバラビニャーレス渓谷コヒマルビーチメキシコシティ)

2019.07〜08 バハマアトランタ(バハマへビーチダウンタウンフラミンゴアトランティスアトランタへCNNMLBミッドタウン居住区地域図書館帰国)

 

当ブログ内の旅行記を探しやすいように、一覧を作りました。時系列に並んでいます。

こうしてみると、ちょっとした歴史を感じますね。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

旅行記は随時追加しています

親子の2019年10月読書「月間賞」

canarykanariiya.hatenadiary.jp

政治報道に関心のある方には、一読をお薦めしたい本です。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

こちらを次点に。戦後日本政治を見る上での重要な切り口の一つです。

 

長男はこちらに。まあ実際に読みまくっているのはドラえもんなので須賀、10月に特徴的だったのはこのシリーズでした。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

【レビュー】『武器としての世論調査』(三春充希)

 

武器としての世論調査 (ちくま新書)

武器としての世論調査 (ちくま新書)

 

Twitterなどネットでの世論調査分析で定評のある著者が、世論調査の仕組みや選挙結果との関係、データで見る日本の様子などについて紹介する本です。

選挙結果や世論調査など各種データを駆使して、今を知るのに有用な切り口を平易に提示してくれます。特に、無党派層の中に一定数いるとされる政治的関心の高い層に着目し、選挙時に各政党の支持率が上がる現象(とその後の推移)や、報道機関の情勢報道を活用した戦略投票の手法、再び政権交代が起こる場合のこの層の役割などについて論じています。

新聞の情勢報道の文言が決まる現場というのもこれまで何度か目の当たりにしてきましたが、優位度を示す言葉の一覧表などは非常に興味深く眺めていました。結論についても、私の感覚として違和感ありませんでした。

この本は今年の参院選前に出版されましたが、noteで同選挙の結果などを踏まえた分析も展開しています。

note.mu

そこで言うと、著者も着目しているれいわ新撰組ですね。れいわが立憲民主党などと喰い合わずに、しばらく「寝ていた」無党派層を起こせるかが今後を占う一つポイントになってきていま須賀、彼らが議会政党として臨む初の国会(現在開会中の臨時国会)でどのような活動をして、野党各党とどのような関係を作っていくかは、その点にも影響を与えていくのではないかと思います。その点も注視していきたいです。

 

今の政治や選挙を考える上では、読んでおいた方がよい一冊だと思います。図書館で借りて読みましたが、買って手元に置いておきたいです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

『日本政治とメディア』(逢坂巌)

 

テレビを中心としたマスメディアと日本政治の展開を、(第二次安倍政権誕生くらいまで)通史的に追う本です。各時期におけるそれぞれの状況や、両者の接点にあるような事象について紹介しており、整理して学ぶことができます。

本当に一言で言ってしまうと、

全体として都市化→無党派層の増加が進む中で、彼らへのコミュニケーション回路として各政権(特に永田町での基盤が弱い政権)はマスメディアに硬軟両様で関与しようとしたが、その巧拙はまちまちだった。テレビが政治を消費するようになるにつれて、政治報道と世論の動向がスパイラル的に増幅するようになり、その餌食となる政権も増えていった…

と論じられています。

世論と報道がスパイラルを起こすという点については、内閣支持率4%なんてこともあった森喜朗政権がその典型であるように、少なくとも民主党政権までの十数年間にについてはかなり妥当していると思えます。「読まれる」「読まれない」を重視するネットニュースにおいても、この傾向は同じか、むしろ強化されていると感じています。テレビ時代には、その渦は首相と番記者をはじめとする記者らの関係性から生まれるケースが多かったようで須賀、ネット時代の「バズ」の発信源はより分散化されています。いつ、どこから、どちら向きの渦が起こり始めるのかー政治の側から見ると、対応はより難しくなってきていると言えるでしょう。

またこの本によれば、特にテレビは受け手に非常に強力な「効果」を与えるツールとして政治の側に認識されてきたことが窺えます。ただ、いわゆるメディア論においてそのように捉えられていたのはテレビが登場した初期が中心で、そこからその効果を限定的に解釈する様々な研究成果が現れます。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

その中には、先ほど挙げたような「声の大きい者の声がますます大きくなってくる」ことについての議論もありますし、「テレビの影響は直接ではなく、それを解釈する身近なオピニオンリーダー的な存在を介して伝えられる」との見解もあります。マスメディアからの情報の受容は、最初に考えられたよりもっともっと多様だというのです。

そこから考えると、著者が強く意識している通り、政党という存在も政治過程における重要なコミュニケーション回路であり、メディアに他なりません。本書でもメディアとしての政党(自民党)の構造や方向性について紙幅が割かれていま須賀、メジャーな政治過程論のちょっと傍からこのテーマについて論じるなら、こうしたメディア論の知見と結びつけてみてもよかったような気がしました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

『「大日本帝国」崩壊』(加藤聖文)、『侵略神社』(辻子実)

 

「大日本帝国」崩壊―東アジアの1945年 (中公新書)

「大日本帝国」崩壊―東アジアの1945年 (中公新書)

 

台湾、朝鮮半島中国東北部満州)、樺太・千島、南洋…。遅れてきた植民地帝国・大日本帝国がどのように崩壊していき、現在につながっているかを地域別に追った本です。どのように戦闘が停止され(あるいはされず)、治安維持をはじめとする権力が移行され、「大日本帝国臣民」であった植民地出身者たちが帝国から切り離され、「内地」と呼ばれた日本列島出身者が引き揚げていったかー。それぞれの地域の事情を丹念に述べています。

個別の経緯についてこの場では詳述はしませんが、朝鮮半島といい中台といい、74年前に起こった帝国の崩壊が、現在の東アジアの政治に大きな爪痕を残している点はやはり印象的でした。誰のどんな判断が、今にどんな影響を与えているのか。良し悪し以前の問題としてそれは知るべきだと思いますし、その知識は、今を知る上でも必要なものだろうと感じました。

まあしかし、この時期のソ連の所業はやはり非常に目立ちますよね。感情的かもしれませんが… 

侵略神社―靖国思想を考えるために

侵略神社―靖国思想を考えるために

 

こちらは朝鮮神宮、奉天神社、昭南神社(シンガポール)など、そうした「大日本帝国」の版図に建てられた神社を扱った本です。かなりエッジの立った論調の本ではありま須賀、特に最初の図版が興味深かったです。

関連のこちらの本も面白そうですね。手に取ってめくってみたいです。

www.kokusho.co.jp

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

親子の2019年8・9月読書「月間賞」

長男は2カ月まとめてこれでよいと思います。

ドラえもん (1) (てんとう虫コミックス)

ドラえもん (1) (てんとう虫コミックス)

 

これまたかつて細君が収集していたもので、ここでは1巻を挙げましたが手当たり次第に読んでいます。先日も「人生やり直し機は何巻だっけ?」とか言いながらマンガ本をひっくり返していました。マンガにも素敵な作品はいっぱいあると思いますけど、バランスを取ってより字が多い本にも親しんでいってほしいなあと思っています。

 

私はこちらに。

◆8月

canarykanariiya.hatenadiary.jp

時事性が高いながらも、全体状況も踏まえた議論になっていたかと思います。

◆9月

canarykanariiya.hatenadiary.jp

酔ったノリなんだけれども、それだけではないということも非常によく伝わってきます。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

「炎上商法」としてのダメ虎?/『虎とバット』(ウィリアム・ケリー)

 

虎とバット 阪神タイガースの社会人類学

虎とバット 阪神タイガースの社会人類学

 

なぜ阪神タイガースは弱いのに人気なのか?米国の人類学者が、いわゆる阪神の「暗黒時代」のフィールドワークを通じて分析した本です。

著者は、選手、監督などのスタッフ、フロントと親会社、応援団などのファン、スポーツ紙を中心とするマスコミ…といったアクターについて紹介しつつ、これらが相互に絡み合った集合的な存在「スポーツワールド」を形成していると論じます。その複雑なスポーツワールドにおいては「職場のトラブル」「(東京に対する)二番手の苦悩」にまつわる「ソープオペラ(昼ドラ)」的な展開があり、複雑さゆえの責任の不明確さがある。それらが「ダメ虎」の魅力なのだ、と著者は述べています。

プロスポーツチームをかなり多角的に分析し、その複雑さを複雑なものとして受け止めて論じている点は、しっかりした調査だなと感じました。負けっぷりや内紛を含めたコテコテ感*1と、アンチ中央(≒アンチ巨人)的な感情が支持の源である、という主張も結論としては妥当だと感じました。

ただその一方で、「スポーツワールド」や「ソープオペラ」という用語がややマジックワードっぽいかなと感じました(特に前者)。いろんなものが複雑に絡み合っています、という状況説明の先が展開として弱かったというかよく飲み込めなかったというか、厳しく言えばso what?感がありました。

 

 

著者は、彼が自身の断続的なフィールドワークを終えた2003年を境に、阪神タイガースというスポーツワールドの構造的変化が始まったと指摘します。この2003年ー1985年以来のリーグ優勝を果たした年で須賀ーは、私にとっても転機の年でした。ラジオの向こうで大騒ぎしたこの年から一転、翌年から大学生になった私は、夜にテレビやラジオの前で過ごすことも減り、自然とプロ野球から関心が遠ざかっていきました。

奇しくも昨今、ちょうどその年に入団し、衆目一致でタイガースの顔となった選手の処遇を巡る議論が「タイガースワールド」を賑わせています。

www.j-cast.com

記事にあるような経緯や、それに対して巻き起こった反響や批判は、まさに「タイガースワールドらしい」と著者は論じるでしょうし、実際のところ、多分にそうなのだと思います。今風かつ乱暴に言ってしまえば「炎上商法」的な側面もあるのかもしれません。ただ、この本に挙げられているような要因でスポーツワールドが変化しているのだとすれば、(意図した結果であるかはともかく)それがこれまでのように阪神タイガースというチームへの関心を引き続けることにプラスに働くかは明らかではありません。

まどろっこしい言い方になってしまったかもしれませんが、高額の年俸を払っている以上、成績への評価は評価としてあってよいと思う一方、「引退勧告」みたいな妙な浪花節でなく、もっと普通に来季の戦力としてどうみなすのかを明らかにすればよかったのではないかと思います。

ついでに言うと、来季のコーチ陣に関するこのニュースも気になっています。

www.google.co.jp

今季、これから引退表明しなければ、来季の球界現役最年長はドメス福留になるはずです。井上一樹は彼と同郷かつ元チームメイトです。猫の首に鈴をつけるようなニュアンスもあるのかな、と一瞬勘ぐってしまいましたが、何にせよ、こちらも穏便な展開を望みたいです。

とりあえず今季も実はまだCS消えてないので、鳥谷のためにも粘り倒してください。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

*1:「愛すべき負け犬」という表現には思わず膝を打ってしまいましたwww

『北朝鮮と観光』(礒﨑敦仁)

 

北朝鮮と観光

北朝鮮と観光

 

北朝鮮と観光について、北朝鮮政治を専門とする研究者が論じた本です。具体的には、北朝鮮観光の歴史や金正恩体制下の観光政策、パンフレットやガイドブックで見る北朝鮮観光、主に韓国人による開城観光の顛末などが紹介されています。

日本人観光客の受け入れが始まった1987年以降、政治情勢の影響などによる中断を挟みながら展開されてきたこと、外貨獲得が重要な目的でありながらも体制の宣伝に主眼が置かれ、体制維持への配慮がより重視されてきたとみられることなど、北朝鮮×観光という切り口で見ればこその知見が多くありました。一方で、かなり抑制的・概観的に書かれている印象が強く、もっとディテールに触れていれば内容豊かな議論になったのではないかなという気がしました(敢えてそうしていないようにも見えましたが…)。

かくいう私も、「旅行記が濫立した2000年代」にネット上に北朝鮮旅行記を公開した一人でして、各章の記述を懐かしく読みました。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

こうした個別の経験に全体的な見取り図を与えてくれる本でしたが、そうした個別の事象への愛をもう少し滲ませてくれてもよかったのにと、同じ訪朝経験者としては思いました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ