かぶとむしアル中

取材現場を離れて久しい新聞社員のブログ。 本の感想や旅行記(北朝鮮・竹島上陸など。最初の記事から飛べます)。

北朝鮮竹島イラン旅行記
ブログランキング・にほんブログ村へ

掲載旅行記一覧【先頭に固定】

2005.10 北朝鮮(平壌へ板門店平壌帰国)

2006.03 韓国(ソウルへ顕忠院安重根紀念館板門店ロッテワールド帰国)

2007.08 中国(上海へ南京へ南京泰山へ泰山北京へ天安門抗日紀念館長城済南へ済南上海豫園上海外灘帰国)

2008.01 欧州(アムステルダムへアムステルダムブリュッセルパリリスボンへロカ岬リスボン郊外スキポール帰国)

2009.09 韓国&竹島(ソウルムクホ竹島鬱陵島独島博物館良洞マウル慶州白村江ソウル帰国)

2009.12 台湾(台北夜市九份淡水烏来帰国)

2010.08 イラン(中東へ ドーハとイラン入国 イスファハーンへイスファハーンシーラーズペルセポリステヘラン帰国)

2011.05 シンガポール(到着市内マレーシア)

2011.10 東欧(クラクフへアウシュビッツクラクフワルシャワスターリンワールドヴィリニュスウィーン帰国)

2012.08 トルコ(イスタンブールへイスタンブールエフェソスパムッカレパムッカレ発北キプロス南北キプロスアダナカッパドキアカッパドキア気球ボスポラス海峡イスタンブール帰国)

2013.07 ロシア(アブダビ空港 モスクワへモスクワキジ島エルミタージュノヴゴロドサンクトペテルブルク帰国)

2015.08 バリ(バリへクタタマンアユンブサキ寺院帰国)

2016.03 タイ(バンコクへバンコクアユタヤ週末市場帰国)

2016.08 済州島(済州市万丈窟潜水艦中文)

2016.11 ソウル(朴槿恵退陣デモ水原と大規模デモ慰安婦像)

2017.06 中朝国境(大連丹東から見る北朝鮮旅順帰国)

2018.03 釜山(中心部太宗台慰安婦像)

2018.04 豪州(シドニーブルーマウンテンズハンターバレー帰国)

2018.09 キューバ(ハバナへハバナゲバラビニャーレス渓谷コヒマルビーチメキシコシティ)

2019.07〜08 バハマアトランタ(バハマへビーチダウンタウンフラミンゴアトランティスアトランタへCNNMLBミッドタウン居住区地域図書館帰国)

 

当ブログ内の旅行記を探しやすいように、一覧を作りました。時系列に並んでいます。

こうしてみると、ちょっとした歴史を感じますね。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

旅行記は随時追加しています

5G、サイバー攻撃されたらどうなる?/『5G』(森川博之)

 

5G 次世代移動通信規格の可能性 (岩波新書)

5G 次世代移動通信規格の可能性 (岩波新書)

  • 作者:森川 博之
  • 発売日: 2020/04/18
  • メディア: 新書
 

5Gの本格的なサービス開始を控え、その技術的な特色や展望を学べる本です。

超高速・低遅延・多数同時接続が特徴で、IoTを通じてあらゆる産業に応用可能な点、5Gはそれ自体が目的ではなく、デジタル変革(特にデータ駆動型経済のループ)を構築するための手段である点などが説明されています。その上で著者は、「5Gで何ができるのか」ではなく、「5Gで何をするのか」考えることが重要だと指摘しています。

終盤のテクノロジーの部分は、前提知識のない身からすると追いつくのがちょっと大変でしたが、技術はどう使っていくのかが大事という考え方には共感しました。私としても、ニュースをユーザーに提供する営みの中でどんなことができると面白いか、想像を膨らませることができた気がします*1

一方で一つ気になったのは、セキュリティの部分でした。この本ではほぼ言及がなかった気がしま須賀、あらゆるモノがインターネットに接続され、そこから得られたデータを回しながら経済が回っていく世の中になるなら、サイバー攻撃によってその情報が盗まれたり、回路が寸断されたりすることの悪影響も段違いに大きなものとなるはずです。その辺の見通しや対策についても、詳しく知りたかったです。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

*1:まずは紙面ビューワーを通じて、どの面のどの部分どのくらい読まれているのかが毎日分かれば、作り手側の一方的な思いだけでない「客観性のある」紙面制作につなげられると思います

「主力艦7隻の損害で、敵の127隻を葬った」ー大本営発表、問題の孕む現代性/『大本営発表』(辻田真佐憲)

 

日中戦争から敗戦に至るまでの大本営発表について、時期ごとの変容、発出の仕組み、そこに潜む構造的問題などをバランスよく論じた好著です。

日中戦争から太平洋戦争の緒戦までは、日本軍の優勢を背景に比較的正確な発表が行われ、他国の「宣伝」と比べても世論の信用を得ていました。しかし、ミッドウェー海戦を境に、日本軍は誤認した戦果をそのまま発表しながら受けた損害を誤魔化し、「転進」「玉砕」といった美辞麗句で劣勢を糊塗するようになります。そしてついには、架空の戦果の非常識な積み増しや、本土空襲という動かしがたい事実によって言い繕うことすら出来なくなり、特攻隊らの「美談」発表に終始することに。長崎への原爆投下をも「黙殺」した頃には、大本営発表への信頼はとうに地に堕ちていたのでした。

こうした変遷を概観した上で、著者は「大本営発表の破綻」の原因を四つ指摘します。

  • 組織間の不和対立

よく知られる陸軍vs海軍のみならず、軍令vs軍政、作戦部vs情報部*1vs報道部*2など多重の対立構造があり、発表内容への介入も度々なされた。

  • 情報の軽視

特に熟練のパイロットが減ってからは戦果の誤認が増え、組織間対立も相まって曖昧で希望的観測に基づく内容がごり押された。この2点の深い連関性は、下の本でも論じられていますね。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

  • 軍部と報道機関の一体化

満州事変以降、飴*3と鞭*4の使い分けで報道機関が大本営報道部の「下請け」化した。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

  • 戦局の悪化*5

戦局悪化がこれらの弊害を露呈し、傷口を広げた。

 

このように時期と要因に分け、しっかりと「大本営発表」を論じる一冊です。

その中で、特に印象に残っていることが二つあります。一つは、大本営発表の「読む」から「聞く」への変化です。ラジオの契約件数は1941年に約662万に達し、発表文も黙読ではなく朗読される前提で執筆されることになりました。海軍側は、能弁で知られた平出英夫報道課長が朗々と語って人気を博します。それに対抗して陸軍側が繰り出したのが、修飾語の乱用だったのだそうです。

「近代的装備をほどこせる半永久基地たるその本防御線を突破」「断乎鉄槌的打撃を加ふるに決したるものなり」「わが昼夜を分たざる猛攻撃」ー。

恐らくこれは、現在に至る北朝鮮当局の発表形式に影響を与えているのではないか思われます。北朝鮮でも、朝鮮中央テレビでの報道が主眼になっているのだとすると、両者に共通性があるのも頷けます。「無慈悲チャーハン」の源流は、こんなところにあったのかもしれません。

matome.naver.jp

 

もう一つは、「過大な戦果」については事実誤認と組織内対立という、どの時代のどの組織にもあり得る問題が深く絡んでいる点です。著者が言うように、信用できない情報の代名詞とされる大本営発表も、最初からでたらめだったわけではありませんし、特定の黒幕が意図的・計画的にでたらめを発信させたわけでも必ずしもありません。著者が着目する「当局と報道機関の癒着」も、現代性を帯びたテーマです*6

遠い昔のひどい茶番劇ではなく、今、どの組織にも起こり得る事象であるー。コロナウイルスの感染者情報についても、世界的に発表と現実のギャップが問題になっているケースが少なからずあります。日本もその有力な事例であるわけで須賀、約80年前の日本がやった大失敗を、我がこととして捉え直してみる価値は失われていないように思えます。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

*1:インテリジェンス

*2:世論対策

*3:時報道における便宜供与

*4:用紙制限

*5:著者は3番目に紹介していま須賀、意味合いを考えて最後に持ってきました

*6:奇しくも今日は「メディアリテラシーの日」だそうです

第二子が生まれました/コロナ禍での妻出産から退院まで

コロナ禍の中での出産*1は、前回とはかなり様相の異なるものでした。

 

予定日を4日過ぎた6月17日朝。出産を控えて里帰りしていた妻から、「兆候があるのでこれから病院へ向かう」との連絡がありました。診察を受け、そのまま入院。平時ならここで駆けつけるところなので生姜、コロナウイルスの影響で出産の立ち会いが禁じられており、妻とLINEで連絡を取りながらそのまま在宅勤務を続けていました。

病院で出された昼食と3時のおやつの画像が送られてきたのを見て、「今晩か明日の朝くらいかな?」と思っていたのも束の間。しばらく既読がつかないなと思っていたら、午後5時40分ごろに着信が。産院からで「無事、女の子が生まれました」との連絡でした。

f:id:canarykanariiya:20200623080617j:plain

生後1時間弱の様子。お顔がまんまるで、まるで仏像のような表情です

ちょうど夕食を調達しに街を歩いていたところだったので、大声で「ホントですか!ありがとうございます!」とか「今、女の子が産まれたそうです!」と叫ぶ様子は、かなり注目を集めたと思われます。

しかし、退院まで面会も認められていませんので、妻が送ってくれる動画や写真を見ながら、缶ビールを傾けることしかできないのでした。

f:id:canarykanariiya:20200623081310j:plain

生後20時間ほど。かなりシュッとしてきました。

そして21日。母子退院の日に、初めて対面することができました。出産時に51センチということでしたが、これまた本当に小さい…。その一方で、兄である6歳児の「大きさ」、つまり6年間の成長を実感させられた瞬間でもありました。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

こちらが長男の時の記事です。生まれた直後から目鼻立ちがはっきりしているあたり、似てますかね?

病院で母子と、妻の実家で長男と合流し、私たち家族はそのまま元の自宅へと向かいました。元々、1ヶ月検診までは妻の実家でお世話になる予定だったので須賀、週末ごとに出入りするのは感染防止上好ましくないとの判断で変更に。とにかく最初の1ヶ月間は、配偶者出産休暇や在宅メインの勤務で、家族とともに乗り切っていきたいと思っています。

f:id:canarykanariiya:20200622170405j:plain

生後5日の長女。この後、父親による恐怖の沐浴を体験することに

しかし、新生児のオムツ替えも沐浴も6年ぶりだとビビりますね(笑) 特に沐浴はヒヤッとした瞬間が二度ほどあり、しばらく足の震えが止まりませんでした…

 

まずは無事に出産という大仕事を成し遂げてくれた妻と娘に感謝で須賀、里帰り・母の入院と、生活環境の激変に適応してくれた長男にもとても助けてもらったと感じています。しばらくは新生児のケアが中心となるで生姜、新メンバーの加入で一番影響を蒙るのは長男のはずです。彼ともこれまで以上にコミュニケーションを取りながら、支え合っていきたいと思っています。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

*1:もちろん私が産んだわけではない

名無しの男たちへの告発の書/『82年生まれ、キム・ジヨン』(チョ・ナムジュ)

 

82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)

82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)

 

1982年生まれの韓国女性に最も多い名前とされる「キム・ジヨン」という登場人物に仮託して、韓国社会における女性の「生きづらさ」を告発した本です。韓国における#metooの機運を象徴する一冊として、ベストセラーになっているそうです。

家庭や学校、職場などで女性がいかに差別待遇や嫌がらせを受けてきたか、そしてそれが「社会の現実」として構造化されてきたかが如実に描かれており、また実際のデータも交え、論旨が補強されています。そして最終章では、詳述はしませんが、現状のままではキム・ジヨンを取り巻く問題は良い方向に向かわないだろうということが強く示唆されています。

共通点はあれど別の社会で、違う性別として生きてきた私がどう咀嚼していけばいいのか、簡単ではないなあというのが正直な感想で須賀、自分が当たり前だと思っていること、当たり前だとすら思わずに受け入れ・行なっていることが、違う立場からだとどう見えるのか、もっともっと慎重であるべきなのだろうと思いました。

一方で、作品として違和感を持ったのは、キム・ジヨンの夫以外の全ての男性に名前が与えられていなかった点です。ジヨンの小学校時代あたりで「あれっ?」と思い、もう一度最初に戻って確かめながら読み進めたので須賀、ついにそのままで物語が終わってしまいました*1。男たちを名無しの、のっぺりした存在として描くことも、著者の意図的な「カウンター」なのでしょう。それ自体は技法として鮮やかでしたが、ほぼ半数の登場人物が、性別以外にもさまざまなアイデンティティを持つ個々の人間としてではなく、二項対立的に「匿名の男」として扱われたことは、作品としての深みを損なった側面があると感じます*2

その意味でもこの本は、「告発の書」と呼ぶのがふさわしいのだと思います。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

*1:さすがに解説で指摘されていましたね

*2:既述の通り、「それを女性に対してしてきたのがこれまでの社会だったではないか!」というのが著者のメッセージなのでしょうし、その事実認識に反論するつもりはありません

ググレカスを凌駕する西洋哲学のベストセラー/『ソフィーの世界』(ヨースタイン・ゴルデル)

 

25年前の世界的ベストセラーです。15歳を迎えるノルウェーの少女・ソフィーを巡るファンタジー小説でありながら、西洋の哲学史を平易に解説してくれます。

全体を通じて印象的だったのは、様々な概念や用語を説明するたとえの秀逸さでした。身近な例や適切な伏線を多く用いて、それぞれの哲学者が何を考えていたのかを鮮やかに浮かび上がらせています。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

直前に読んだこの本がイラストを交えてやったこと(あるいはそれ以上)を、活字だけで達成してしまった感があります。以前、「ググレカス」という思想家が一斉を風靡した時期もありましたが、彼にはできないーGoogle検索などではなかなか到達できない理解にたどり着ける本だと思います。

また、小説の構成そのものが、読者に知識や説明を与えるだけでなく、読者自身やその世界について考えることを否応なく迫るものになっている点も見逃すことができません。これはネタバレに直結しかねないので詳述は避けま須賀、テレビを見ているいしのようこ志村けん扮する「変なおじさん」が襲いかかる、あのコントを思い出しました。

 

この本をリアルタイムで読んだという人も身の回りに結構いたようで、中には「この本の影響で哲学科に進んだ」と話す友人もいました。今思えば、小学生がよく読んだなあと唸ってしまうような質・量を兼ね備える大著で須賀、ソフィーと同じ年頃でこの物語にめぐり逢えたのは羨むべきことだとつくづく感じます。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

信長の「奇妙な」ネーミングセンスとキャパオーバーの帰蝶/「麒麟がくる」二十一話

www.nhk.or.jp

日本史上最も有名な「ジャイアントキリング」の一つである桶狭間の戦いを、多彩に描き出し、かつ上手に説明していた思います。

まず、おなじみの「敦盛」をうまく絡ませて信長の心境を表現していましたね。そこで鼓を打っていたはずの帰蝶は、側室が長男・奇妙丸(のちの織田信忠)を生んでいたことを突然知らされたショックもあってか、終始キャパオーバー気味でしたが、その様子も上手く演じられていたと思います。

ちなみに、信長が息子たちにかなり変わった名前を付けたこともよく知られていますね。「奇妙」は恐らく我が子を見た素直な感想で、「茶筅」(のちの織田信雄)は信長の茶の湯への関心からのネーミングなので生姜、「三七」(のちの織田信孝)とは一体…?

ドラマでは、奇妙丸を見せられた時の帰蝶の表情が凄まじかったで須賀(ああいうの好きです)、桶狭間のタイミングでは弟の茶筅、三七も既に生まれており、それを帰蝶が全く知らなかったというのはさすがになかったろうと思います(笑) それにしても、最後に信長が光秀に語った「帰蝶は母親のようだ」という言葉が、「10年子供ができなかった」理由を示唆しているようにも見えて、現代人の感覚ではありま須賀やるせない気持ちになってしまいました。

脱線話が長くなってしまいました。家康の葛藤と決意のサボタージュも、迫真の演技でした。前回触れたように、ドラマでは完全な「今川方」として振る舞っていた鵜殿長照も、三河ゆかりの武将なんですけどね。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

そして毛利新介。今川義元に飛びかかったシーンは華麗でした。史料によっては、新介は義元の首を獲った際、指を義元に食いちぎられた、とするものもあります。こうした群像の躍動感ある演技が光っていました。

 

また、合戦の「説明」という点でも、過不足なくできていたのではないかと思います。天候、地形、一方の慢心など、この大番狂わせの要因は色々と語られてきていま須賀、本作は「兵力の分散と集中」という観点を押し出していると感じました。孫子兵法によく出てくる、「敵の兵力は分散させ、味方の兵力は集中させる」という手法です。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

信長公記」を見る限りそういう風には書かれていないので須賀、信長本隊の奇襲に先駆けて別働隊200人が仕掛けた攻撃が、今川本陣を手薄にするための陽動作戦のように描かれていた点も、製作陣の意図を裏付けているのではないでしょうか。その意味では、「純然たるまぐれではなく、信長は勝つべくして勝った側面もある」ーそういう解釈なのだと理解しています。

…今日は見どころが多すぎて、書きたいことも書ききれなさそうです。

 

残念ながら、ひとまずここまでで放送中断とのことです。本当に楽しみに見ているので、また態勢を整えて、再開されるのを楽しみにしています!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

『哲学用語図鑑』(田中正人)

 

哲学用語図鑑

哲学用語図鑑

  • 作者:田中正人
  • 発売日: 2015/02/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

何年か前に買ったきりだった本を、改めて眺めてみました。著名な哲学者やその思想・概念などを、イラストを中心に解説した本です。ただ単に用語解説をするだけでなく、背景やその影響にも目配りをした説明がされています。

わかりやすいですし、わかりやすくしすぎているのかなと思える部分もあります。ただ、この本を取っ掛かりに原典を紐解いてみる、みたいな、読書案内のような楽しみ方が出来れば、それだけでも十分価値があるのかなという気がします。

確か高校の時にも、哲学に関するこの類の本を読んでいたことがあった気がします。それを見た教員に「それを読んで理解したつもりにはならない方がいい」と言われたのを、なぜかよく覚えています。それから時を経て、また似たようなことをしているのは進歩のない証と言われるかもしれませんが、長い年月の試練に耐えた原典に挑むことも大事な経験である一方、先哲たちの言葉や概念を使って何かを言ったり、考えたりしてみることも重要なのではないかと思っています。いろんな形で人々の思考に触れる、その一端としてよい本だと私は思います。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ