かぶとむしアル中

取材現場を離れて久しい新聞社員のブログ。 本の感想や旅行記(北朝鮮・竹島上陸など。最初の記事から飛べます)。

北朝鮮竹島イラン旅行記
ブログランキング・にほんブログ村へ

掲載旅行記一覧【先頭に固定】

2005.10 北朝鮮(平壌へ板門店平壌帰国)

2006.03 韓国(ソウルへ顕忠院安重根紀念館板門店ロッテワールド帰国)

2007.08 中国(上海へ南京へ南京泰山へ泰山北京へ天安門抗日紀念館長城済南へ済南上海豫園上海外灘帰国)

2008.01 欧州(アムステルダムへアムステルダムブリュッセルパリリスボンへロカ岬リスボン郊外スキポール帰国)

2009.09 韓国&竹島(ソウルムクホ竹島鬱陵島独島博物館良洞マウル慶州白村江ソウル帰国)

2009.12 台湾(台北夜市九份淡水烏来帰国)

2010.08 イラン(中東へ ドーハとイラン入国 イスファハーンへイスファハーンシーラーズペルセポリステヘラン帰国)

2011.05 シンガポール(到着市内マレーシア)

2011.10 東欧(クラクフへアウシュビッツクラクフワルシャワスターリンワールドヴィリニュスウィーン帰国)

2012.08 トルコ(イスタンブールへイスタンブールエフェソスパムッカレパムッカレ発北キプロス南北キプロスアダナカッパドキアカッパドキア気球ボスポラス海峡イスタンブール帰国)

2013.07 ロシア(アブダビ空港 モスクワへモスクワキジ島エルミタージュノヴゴロドサンクトペテルブルク帰国)

2015.08 バリ(バリへクタタマンアユンブサキ寺院帰国)

2016.03 タイ(バンコクへバンコクアユタヤ週末市場帰国)

2016.08 済州島(済州市万丈窟潜水艦中文)

2016.11 ソウル(朴槿恵退陣デモ水原と大規模デモ慰安婦像)

2017.06 中朝国境(大連丹東から見る北朝鮮旅順帰国)

2018.03 釜山(中心部太宗台慰安婦像)

2018.04 豪州(シドニーブルーマウンテンズハンターバレー帰国)

2018.09 キューバ(ハバナへハバナゲバラビニャーレス渓谷コヒマルビーチメキシコシティ)

2019.07〜08 バハマアトランタ(バハマへビーチダウンタウンフラミンゴアトランティスアトランタへCNNMLBミッドタウン居住区地域図書館帰国)

 

当ブログ内の旅行記を探しやすいように、一覧を作りました。時系列に並んでいます。

こうしてみると、ちょっとした歴史を感じますね。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

旅行記は随時追加しています

『戦国武将、虚像と実像』『武士とは何か』(呉座勇一)

【目次】

 

前者は有名な戦国武将がそれぞれの時代にどんな人物として描かれてきたか、後者は中世人たちの名言から見える武士のメンタリティ、を読み解こうとする本です。

「タヌキ親父」から平和主義者へ

儒教倫理の強い江戸時代には明智光秀のような裏切り者は基本的には批判され、当然幕府を開いた徳川家康は顕彰されま須賀、庶民に人気があるのは豊臣秀吉でした。明治維新後は立身出世や対外拡張という意味合いで秀吉人気が高まり、織田信長は「勤王家」として評価されます。戦後は秀吉の朝鮮出兵は「愚行」とみなされるようになるものの、その人生はサラリーマン出世街道的に理解されるようになりました。「タヌキ親父」扱いだった家康も天下泰平をもたらした平和主義者との見方が現れ、信長はむしろ「天皇を超えようとした変革者」とされるようになりました。

要するにこれらは、新たな歴史的事実が判明したというよりは、時代によって彼らに投影される価値観が変化してきたという要因が大きいと言えます*1。また戦前の徳富蘇峰、戦後は司馬遼太郎の作品が戦国武将たちのイメージに与えた影響も無視できません。

ナメられたら終わり

後者は、武士が誕生した時代に高名*2を博した源義家から、中世武士の終わりを象徴する発言を残した伊達政宗までの名ゼリフ(あるいは言ったとされる内容)を紹介しながら、それらに共通する価値観やありようを炙り出していきます。そこにあるのは暴力性・残虐性であり、一方的な忠義ではなく双務的な主従契約であり、自力救済のための名誉(ナメられたら終わり)ですので、「いわゆる武士道」の世界とはかなり様相が異なっています。

ステレオタイプを破る楽しみ

どちらも実証的かつ豊富な事例にあふれ*3、そして最後にちゃんとそれらを一般化した議論を展開してくれているので、単純に知識欲を満たすという意味でも、中世武士の実像や後世に形成された「虚像」に近づくという意味でも有益な本だと思います。

人間はどうしても物事をステレオタイプで認識しがちです。その方が楽だから当然と言えば当然で、現在進行形の事象や存命の人物と比べ、過去の出来事や人物については情報の更新も少ないですので、一度出来上がったステレオタイプが崩れる機会もそう多くありません。実証的な研究の成果で既存の定説やイメージが崩れていくと、たくさんのステレオタイプを持っていた側からするとアップデートに苦労する側面はありま須賀、過去に起きたこと自体の理解を目指したり、歴史から(人生訓ではなく)人間という存在やその集団のありようや振る舞いを学び取っていこうとするなら、こうした議論に接していくことは不可避であり、また楽しみであると思います。

*1:戦後、六角承禎の手紙で斎藤道三の「成り上がり」が親子二代によるものと判明したように、新事実の発見ももちろんあります

*2:「名声」という言葉は避けます

*3:「院と言うか犬と言うか」(あるいは同種の名言)がなかったのが意外でしたが

『戦争はいかに終結したか』(千々和泰明)、『国際秩序』(細谷雄一)

【目次】

 

想像を超える複雑な因果律が編み出すのが歴史で、その切り口も非常に多彩であり得る半面、切って見せる以上は、断面がどんな模様になったか常に問われます。国際政治学において、歴史を踏まえてモデル化をするのはそんな営みなのではないでしょうか。

朝三暮四?のトレードオフ

この本は、戦争がどのような形で終結するかを「現在の犠牲」と「将来の危険」のトレードオフから検討しています。前者が後者を上回った場合*1、「妥協的和平」がなされることが多く、逆の場合*2は「紛争原因の根本的解決」が志向されます。両者が拮抗すると、劣勢側にも交渉の余地が生じ得るので須賀、アジア太平洋における第二次世界大戦のように、双方の意思疎通がうまくいかないと、より多くの犠牲が生まれることにもなります。

ウォルツが言うところの国際システムのレベル*3における分析としては合理的なモデルだと感じま須賀、個人のレベルの思惑などが絡んでくる場合、それをどこまで盛り込んでいけるかは検討が必要な気がしました。本書で事例となっているイラク戦争については、まさに米国首脳の個性や利害が注目された経緯があります。

三つの体系が織りなす秩序

こちらは18世紀以降の国際秩序を、「均衡の体系(バランスオブパワー)」「協調の体系(大国間協調)」「共同体の体系(カント的世界共同体)」の組み合わせと捉えて分析していきます。具体的には、均衡のみのビスマルク体制、均衡による協調が成り立ったウィーン体制、均衡を否定し共同体を志向した(ため失敗した)国際連盟構想、ドイツ分割・安保理・総会がそれぞれの機能を果たした戦後の国際連合体制…と、著者は分類します。

興味深いのは、均衡の体系が持続するためには一定の自制や同胞意識が必要だった、と論じている点です。それが満たされたウィーン体制と欠く代わりに一政治家の芸術的な立ち回りを必要としたビスマルク体制を対比するに、この条件は「均衡の体系」の外にあるのだと理解しました*4が、(よく使われる用語で言えば)リアリズムもリベラリズムもそれ一本で自立するわけではなく、複数の体系の組み合わせがその国際秩序の展開や寿命を決めていく…というコンセプトは面白かったです。

戦争終結と新たな秩序

どちらの議論も、この本の議論とつなげて考えることができます。 

『アフター・ヴィクトリー』(ジョン・アイケンベリー) - かぶとむしアル中

妥協的和平による戦争終結は、優勢側が国際秩序を形成する力を阻むでしょう(その証拠に「妥協点和平」とアイケンベリーが論じた新たな秩序形成の時期は重なりません)。戦後秩序を力むき出しのものにするのではなく、協調や共同体形成の方向へ制度化していくことは、その秩序を持続させ、長期的には当時の勝者に有利にすら働き得ます。

妥協点和平が想定できないほどの「将来の危険」があると当事者がみなすような国際政治環境は、構造的な再編を免れないということなのでしょう。当たり前すぎて退屈な結論になってしまいましたが、それはこれらの議論が提示する切り口の穏当さを示すものでもあると思います。

*1:本書では朝鮮戦争ベトナム戦争

*2:典型的には欧州での第二次世界大戦

*3:国対国や国際秩序

*4:この辺はもう少し整理されるとよいと思います

『テクノロジーが予測する未来』(伊藤穰一)

【目次】

 

NFTを中心に、web3時代の技術と社会を論じる本です。話題のNFTについて分かりやすく解説されており、遅ればせながら勉強になりました。

アウラ」の復権

その上で興味を持ったのは、この技術と芸術作品の一回性(ベンヤミンが言うところの「アウラ」)との関係です。ものすごく雑に言うと「芸術作品が複製可能になることで作品からアウラが奪われた」というのがベンヤミンの主張なわけで須賀、オリジナルであることが明確にされることで、デジタルアートにおいてこのアウラ復権する、なんてことが果たしてあり得るのか。その辺がデジタルアートそのものの浮沈と関わってきそうな気がするので、推移を見守っていきたいと思いました。

技術は社会を決めない

また、最も印象的だったのは「テクノロジーが社会のあり方を一義的に決めるのではない、社会がそれをどう使うかだ」と再三述べられていた点です。著者はweb3について、インターネット普及初期に語られたような分権的なあり方をもたらしうると評価する一方、その真逆の展開もあるとの指摘も忘れません。

歴史的にも、社会に流通する情報の増大が新聞を、大衆的見世物への欲望が映画を生み育て、ラジオと電話の技術は(今から見れば)錯綜して用いられた時期もありました。

https://canarykanariiya.hatenadiary.jp/entry/2018/11/08/104325

「帝国」などと謳われた巨大ITプラットフォーマーでのレイオフなどが最近話題で須賀、こうした集権的なインターネットや社会のあり方がweb3時代も続くのかは、今という時代の文脈が定めていく側面も大きいのでしょう。そしてその文脈をつくっていくのは、日々インターネットを使い、社会生活を営んでいる私たちであるはずです。

12年ぶり3度目の…

本書を読んで思い出すことが多かったので、久しぶりにこの本を読んでみました。

学生時代のゼミで読んだ本で、随分前に改訂版も出ているようですね。もちろんインターネットに関する言及は時代を感じさせるもので須賀、先ほども言及したメディアの歴史研究に関する部分は色褪せません。

 

探すのをやめたとき 見つかることもよくある話で/『思考の整理学』(外山滋比古)

 

非常に有名な本ですが、思考をどう熟成させ、整理し、結びつけていくかについての著者の実践や持論がエッセイ風にまとめられています。▽風呂・トイレ・寝床といった意外な場所でアイデアは生まれやすいので、それを忘れず書き留めておくべし、▽煮詰まったらわざと寝かせておくべし*1-などはよく言われることがありますね。これを単純に真似て成果を求めるということよりは、自分がものを考えるときの無意識の傾向に目を向けたり、それを洗練させていくためのちょっとしたアイデアのきっかけに使うということなのだと思います*2

興味深かったのは、一冊を通底する問題意識として「コンピューターにも負けない、自発的にものごとを考え発見できる力」を養うことの必要性が謳われていた点です。本書が出版されたのは40年ほど前で須賀、近年もまだまだ同種の議論が続いていることを考えると、コンピューターというものが人間の知、あるいは人間そのものに与えつつあるインパクトの大きさが感じられます。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

*1:探し物もそうだという歌がありました

*2:著者もそう言っていました

『明治史講義 グローバル研究篇』

 

明治維新150年を機に企画された国際シンポジウムの内容から編まれた本です。日本の近代化の成功と失敗を世界史の中に位置づけることを主眼に、各国(の人々が)近代日本をどう見たか、同時代の人々がどのように振る舞ったか、などを各報告者が描き出しています。

www.chikumashobo.co.jp

個人的に大変お世話になっているこのシリーズの中でも、かなり多彩(悪く言えば雑多)な内容が盛り込まれており、いろんな問題意識や切り口を知る上では興味深かったです。トルコ・エジプト・中国・ベトナム・タイといった国と日本との比較論も大きなウエイトを占めていましたが、特に列強の強いプレッシャーを受けた前半の国々と日本の違いは、欧州からの地理的な距離や関心の程度にもあったのかなと、身も蓋もないことを感じたりもしました。

最初と最後の章のように、その時代・場所に生きた個人の行動や思いから時代状況を浮かび上がらせる報告は、読み物としても面白かったですね。

踏み留まる人として/『大久保利通』(瀧井一博)

【目次】

 

「知を結ぶ指導者」として

征韓論政変後の明治政府を指導した大久保利通を、「冷厳な専制政治家」というよりは副題にあるような「知を結ぶ指導者」として描いた重厚な伝記です。

幕末の時代に「非義の勅命は勅命にあらず」と言い放つほど、道理へのこだわりを持ち続けた大久保。産業振興と民力養成のため、出自に捉われない知のネットワークを築くことに身を砕いてきたものの、その一方で自分を見出してくれた旧主や竹馬の友ら*1を断ち切る役回りをも演じざるを得なかったことを論じています。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

著者は彼の後継者・伊藤博文をも「知の政治家」という切り口で語っており、「西洋の新しい知を受け止め、咀嚼して国力の源にしていかねばならなかった時代」という通底する問題意識があるのだろうと感じます。

踏みとどまる責任

私自身が感銘を受けたのは、胆力と漸進主義で政府に留まり続けた大久保の姿でした。同時代人にも識見では木戸孝允の方が優れていると見なされており、恐らく大久保自身もそれを認めていたからこそ、何度も(拗ねて)政府を離れようとする木戸を何度も説得し、木戸を押し立てる姿勢を貫いてきました。このように「卓抜した知恵者」とは見做されなくても(むしろそうだからこそ)、急進論には与せず、優れた人材を広く求めて繋ぎ、責任ある立場を担い続けた。その重みが、本書に描かれた彼の後ろ姿から滲み出るようでもあります。言うまでもなく、(木戸とは違って)当事者・責任者であり続けたからこそ、「断ち切る人」としての悪名も背負わねばならず、それが非業の死にも繋がっていくのです。

大久保暗殺の下手人は征韓論者の不平士族で、大久保は「士族の名誉と生計を奪った」張本人だとする斬奸状を新聞各社に送りつけていたそうです。ただ大久保も、時代の急変で困難に陥った人々のことを全く無視してはいませんでした。

「文明開化は不可避だが、急激な変化は人々の生活を苦境に落としかねない。今必要なのは、政府がその新旧の転換を促進し、斡旋することだ」。内務卿・大久保が三条実美に提出した建議書には、このようなことが書かれていたそうです。まさにこれは、

canarykanariiya.hatenadiary.jp

に出てくる「技術的発明と社会的発明のタイムラグ」のような話です。その落差を背負った後半生と、その最期だったのかもしれません。

現代に続く大久保の系譜

蛇足ですが、大久保の次男は

canarykanariiya.hatenadiary.jp

であり、そこから吉田茂、現代で言えば麻生太郎まで繋がる系譜があります。この二人はともかく、家庭人・大久保利通については、もっと言及があっても面白かったのかなという気がしました。

『ジョン・ロールズ』(斎藤淳一、田中将人)

【目次】

 

ロールズ自身の「反照的均衡」

20世紀の政治哲学はこれ抜きには語れない、とされる(そして「難解な本」としても知られる)『正義論』。その著者であるロールズの人生と思索の辿った道を分かりやすく紹介してくれる本です。

しかし私が理解するに、この本の最大のキーワードはよく知られている「無知のヴェール」や「正義の二原理」というよりは、「反照的均衡」だったように思います。まさに無知のヴェールに代表されるような抽象性・仮想性がロールズの議論の特徴と見なされがちで、サンデルらの批判にもその点が含まれていたわけで須賀、むしろロールズは演繹的な原理と様々な形で熟慮された判断を何度も照らし合わせながら、理論全体の説得力を高めていくことを重んじ、それを自らの提出した理論にも適用していきます。

そもそも『正義論』がかなりの時間をかけて練られた著作であり、その大きな反響への応答として書かれた側面もある『政治的リベラリズム』との間の断絶も注目されてきました。しかし、様々な価値観や才能*1を持つ人たちが共存できる社会を実現するための正義*2の構想を示そうとしている点では、現実的なプロセスて洗練を重ねながらも、議論としての連続性は保たれている、と著者らは述べています。こういったある種の「しなやかさ」を感じるには、ロールズの著作と人生の双方を追いかける本書の構成が適しているでしょう。

「原爆投下後の広島を生で見た」といった戦争体験と、その後の思索への影響についての考察も興味深かったです。

分断の時代に共存の契機を探す

この本でも言及のある「リベラル・コミュニタリアン論争」の流れだったのでしょうか、日本でサンデルが注目されるようになったのが私が大学を卒業して間もない頃だったように記憶していて、確か何かの科目の試験でもこの論争について書いたような気がします。

canarykanariiya.hatenadiary.jp

それから10年以上が経ち、価値観が異なる人たちが共存する基盤というか、それを目指すことへのコンセンサス自体が確実に掘り崩されているように感じられます。ロールズに言わせれば、そのような「争いの程度が深まれば深まるほど、その根元にある明確な形をとどめた見解を得るために私たちが上昇せねばならない抽象性のレベルは高くなる」のだそうです。今こそこの課題に取り組むことで「反照的均衡」を続けていけるかどうかが、ロールズの構想のみならず、多様な価値観の共存を掲げるリベラリズムの正念場なのでしょう。

*1:その才能が「今」「たまたま暮らす社会」に適合的かどうかはまさに偶然の影響が大きいわけです

*2:すごく乱暴に言うと、宗教的な信念などの包括的な価値観を丸ごと持ち込んで戦いを繰り広げるのではなく、潜在的にでも共有している・しうる諸価値を探すことで共存しましょう、と言っています