現場を離れて久しい新聞記者のブログ。 読んだ本の紹介や旅行記(北朝鮮竹島イランなど)が中心です。 ブログランキング・にほんブログ村へ

ほん

10連休後半は萩・大分へ/『世に棲む日日』(司馬遼太郎)

新装版 世に棲む日日 (1) (文春文庫) 作者: 司馬遼太郎 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2003/03/10 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 45回 この商品を含むブログ (157件) を見る 幕末、激動の長州藩に生きた、というよりは長州藩を激動の中に叩き込み…

『軍事の日本史』(本郷和人)

軍事の日本史 鎌倉・南北朝・室町・戦国時代のリアル (朝日新書) 作者: 本郷和人 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2018/12/13 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 軍事や戦場のリアルな有様や要請から、中世を中心とした日本史を読み解く本で…

親子の2019年2月読書「月間賞」

canarykanariiya.hatenadiary.jp 衝撃的ながらも論理的にはあり得そうな未来を、警句的に論じた本です。10年20年後ですら、きっと今からは想像もつかない状況になっているのではないかと感じさせられます。 canarykanariiya.hatenadiary.jp 『眠れなくなる宇…

【ご報告】来月からは新聞社のビジネス部門へ

昨年4月からネット系のメディアに出向しておりましたが、来月より、もともと所属していた新聞社に復帰することになりました。 canarykanariiya.hatenadiary.jp 4月からはニュースの編集部門すら離れ、デジタルでのマネタイズなどの業務に携わる予定です(初…

核拡散防止、求められる対応の一貫性/『核拡散防止の比較政治』(北野充)

核拡散防止の比較政治:核保有に至った国、断念した国 作者: 北野充 出版社/メーカー: ミネルヴァ書房 発売日: 2016/07/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 戦後の国際政治を見ていると、核開発を検討・模索した国家の中で、ある国は実際に核保…

日本語の時間的・空間的多様性/『日本語全史』(沖森卓也)、『方言の日本地図』(真田信治)

日本語全史 (ちくま新書) 作者: 沖森卓也 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2017/04/05 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る 方言の日本地図-ことばの旅 (講談社+α新書) 作者: 真田信治 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2002/12/19 メディ…

『ネット炎上の研究』(田中辰雄、山口真一)

ネット炎上の研究 作者: 田中辰雄,山口真一 出版社/メーカー: 勁草書房 発売日: 2016/04/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (11件) を見る ネット上での「炎上」現象について、事例紹介や分類、アンケートに基づく参加者の分析、それらを踏まえた対…

親子の2019年1月読書「月間賞」

canarykanariiya.hatenadiary.jp 私はこれにします。他にも良い本との出会いはありましたが、そろそろ出向期間も終わりですし、残り期間、そしてその先について考える助けになった点を重視しました。 次点を選びましょう。毎度ながら勝手な解釈に基づく評価…

天文学の「三つの車輪」/『眠れなくなる宇宙のはなし』(佐藤勝彦)・『Newton 138億年の大宇宙』

増補改訂版 眠れなくなる宇宙のはなし 作者: 佐藤勝彦 出版社/メーカー: 宝島社 発売日: 2016/09/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る Newton別冊『138億年の大宇宙』 (ニュートン別冊) 出版社/メーカー: ニュートンプレス 発売日: 2018/…

予言ではなく、未来を「選ぶ」ヒントとして/『ホモ・デウス』(ユヴァル・ノア・ハラリ)

ホモ・デウス 上: テクノロジーとサピエンスの未来 作者: ユヴァル・ノア・ハラリ,柴田裕之 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2018/09/05 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (10件) を見る ホモ・デウス 下: テクノロジーとサピエンスの未来 作者…

「危機」にせり出す近代天皇/『近代天皇論』(片山杜秀、島薗進)

今日は、数少ない友人たちと最近始めた「ゆるい読書会」*1があったので須賀、不幸にして今朝、長男のインフルエンザ罹患が判明したため、物理的に出席することができませんでした。 ただ、2冊のうち1冊については私が選書に関わっていたため、途中からオンラ…

『日本近代史学事始め』(大久保利謙)

日本近代史学事始め―一歴史家の回想 (岩波新書) 作者: 大久保利謙 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1996/01/22 メディア: 新書 購入: 2人 クリック: 5回 この商品を含むブログ (8件) を見る 19世紀最後の年に生まれた日本近代史の大家・大久保利謙が、そ…

「悲劇」を超えた豊かな写真表現/『border|korea』(菱田雄介)

border | korea 作者: 菱田雄介,(発行)リブロアルテ 出版社/メーカー: メディア・パル 発売日: 2017/12/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 見開きの左右で、南北朝鮮の人物や風景を対比させて表現した写真集です。生後間もない赤ちゃんから子…

プラットフォームの責任、新聞社の責任/『情報戦争を生き抜く』(津田大介)

情報戦争を生き抜く 武器としてのメディアリテラシー (朝日新書) 作者: 津田大介 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2018/11/13 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る インターネットやソーシャルメディアが普及し始めた当初、新聞の輪転…

母との確執とカトリック改宗/『「昭和天皇実録」を読む』(原武史)

「昭和天皇実録」を読む (岩波新書) 作者: 原武史 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2015/09/19 メディア: 新書 この商品を含むブログ (11件) を見る 公開された「昭和天皇実録」の記述などから見える人間・裕仁のエピソードを紹介する本です。 canarykana…

改元前にオススメの一冊/『元号』(所功、久禮旦雄、吉野健一)

元号 年号から読み解く日本史 (文春新書) 作者: 所功,久禮旦雄,吉野健一 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/03/20 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 日本の元号について、その歴史をまとめた本です。 もともと元号を使い始めたのは中国・前…

親子の2018年12月読書「月間賞」

canarykanariiya.hatenadiary.jp 私はこちらにします。トランプ大統領の個々の行状をあげつらうのではなく、政権としての問題がどこにあるのかを意思決定過程を踏まえて論じていますので、情報の新旧を超えた価値がある本だと思います。 寿命図鑑 生き物から…

超高級ホテルの「いなす力」/『ザ・ホテル』(ジェフリー・ロビンソン)

ザ・ホテル―扉の向こうに隠された世界 (文春文庫) 作者: ジェフリーロビンソン,Jeffrey Robinson,春日倫子 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 1999/11 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 66回 この商品を含むブログ (12件) を見る ロンドンの超高級ホテル…

『FEAR 恐怖の男』(ボブ・ウッドワード)

FEAR 恐怖の男 トランプ政権の真実 作者: ボブ・ウッドワード,伏見威蕃 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社 発売日: 2018/12/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 米国で最も有名、と言っていいはずの記者による、トランプ政権への取材成果で…

どちらかというと写真集として/『巨人の箱庭』(荒巻正行)

巨人の箱庭 平壌ワンダーランド 作者: 荒巻正行 出版社/メーカー: 駒草出版 発売日: 2018/08/31 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 平壌でのフィールドワーク経験豊富な著者が、北朝鮮の三代の指導者による都市設計を「巨人による箱庭づくり」に…

どちらも昭和な…/親子の2018年11月読書「月間賞」

canarykanariiya.hatenadiary.jp 私はこちら。「象徴」であるはずの昭和天皇が、戦後日本の骨格が築かれた時期にこれほど政治的な動きをしていたというのは驚きでした。しかもそれが、『昭和天皇実録』からもある程度裏付けられているというお話です。戦後史…

「戦後レジーム」形成過程と象徴天皇の政治的振る舞い/『昭和天皇の戦後日本』(豊下楢彦)他1冊

日本国憲法の誕生 (岩波現代文庫) 作者: 古関彰一 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2009/04/16 メディア: 文庫 クリック: 1回 この商品を含むブログ (16件) を見る 昭和天皇の戦後日本――〈憲法・安保体制〉にいたる道 作者: 豊下楢彦 出版社/メーカー: 岩…

「犬くらいの寿命」だとしても…/『GAFA』(スコット・ギャロウェイ)

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界 作者: スコット・ギャロウェイ 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2018/07/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る 今年の流行語大賞の候補にもノミネートされたGAFA(Google、Amazon、Facebook…

親子の2018年9・10月読書「月間賞」

9月です。 私はこれ。 canarykanariiya.hatenadiary.jp 史料をもとに様々な事象を読み解いていくさまは純粋に興味深かったですし、残念なことに「荒れやすい」テーマであるからこそ、そうした手法を貫くことが重要なのだと感じさせられました。 長男はこちら…

論争の書の冷静な議論/『帝国の慰安婦』(朴裕河)

帝国の慰安婦 植民地支配と記憶の闘い 作者: 朴裕河 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2014/11/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (16件) を見る 韓国で内容を巡る裁判まで起こされた、慰安婦問題に関する論争の書です。と言うと、あるいは一…

『日本統治下の朝鮮』(木村光彦)

日本統治下の朝鮮 - 統計と実証研究は何を語るか (中公新書 2482)作者: 木村光彦出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2018/04/18メディア: 新書この商品を含むブログ (5件) を見る日本が植民地支配した時代の朝鮮について、経済面からその変遷を論じた本で…

別の本を読みましょう/『カストロとゲバラ』(広瀬隆)

カストロとゲバラ (インターナショナル新書)作者: 広瀬隆出版社/メーカー: 集英社インターナショナル発売日: 2018/02/07メディア: 新書この商品を含むブログ (1件) を見るカストロとゲバラの生い立ちからキューバ革命、そしてその後の展開を紹介する本です。…

読書会はじめました

『社長失格』(板倉雄一郎) 社長失格作者: 板倉雄一郎出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 1998/11/21メディア: 単行本購入: 23人 クリック: 285回この商品を含むブログ (53件) を見る 『なぜ私たちは、喜んで“資本主義の奴隷"になるのか?』(フレデリック・ロル…

『日本人の朝鮮観はいかにして形成されたか』(池内敏)

叢書 東アジアの近現代史 第3巻 日本人の朝鮮観はいかにして形成されたか (叢書東アジアの近現代史)作者: 池内敏出版社/メーカー: 講談社発売日: 2017/10/31メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る近世から近代における日本と朝鮮の様々な関わり…

親子の2018年7・8月読書「月間賞」

7月 私は該当なしにしようと思います。 『メディア不信』(林香里)とか、『足利尊氏と関東』(清水克行)・『後醍醐天皇』(兵藤裕己)は面白かったで須賀、次点にしたい感じでした。チトくんと にぎやかな いちば (児童書)作者: アティヌーケ,アンジェラブラック…