現場を離れて久しい新聞記者のブログ。 読んだ本の紹介や旅行記(北朝鮮竹島イランなど)が中心です。 ブログランキング・にほんブログ村へ

りょこう

2年連続のカリブ海と18年ぶりの米本土へ

参院選投開票日の翌週から、家族旅行に行ってきます。 B24 地球の歩き方 キューバ&カリブの島々 2017~2018 作者: 地球の歩き方編集室 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社 発売日: 2016/10/01 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (…

10連休後半は萩・大分へ/『世に棲む日日』(司馬遼太郎)

新装版 世に棲む日日 (1) (文春文庫) 作者: 司馬遼太郎 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2003/03/10 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 45回 この商品を含むブログ (157件) を見る 幕末、激動の長州藩に生きた、というよりは長州藩を激動の中に叩き込み…

4歳と鈍行二人旅(其の六 新幹線総合車両センター)

最終日、寝坊してしまいました… 東北本線・岩切駅から支線に乗り換えます。接続が悪くて途中20分くらい待ち。 新利府駅のホーム 駅から車両センターの入り口はかなり離れていました。見学者は敷地の外周をほぼ半周せねばならず、私たちは歩いて30分弱かかっ…

4歳と鈍行二人旅(其の五 青い森鉄道〜IGRいわて銀河鉄道〜東北本線)

浅虫温泉街から望む陸奥湾 20日はここから一生懸命南下します。青い森鉄道で八戸。 駅近で食べたいかめしとせんべい汁 盛岡行きに乗り換えると、IGRいわて銀河鉄道線に入りました。 八戸駅にて。車両はIGRです 車窓からの岩手山は圧巻でした。車両にビュース…

4歳と鈍行二人旅(其の四 津軽海峡フェリー〜青い森鉄道)

一転南進することにしました。函館を離れる前に五稜郭。 地上からは星型はわかりません。これは模型 濠が凍っています。この氷、東京で売られていたこともあるんだとか タワーより望む五稜郭 ここからタクシーでフェリーの埠頭へ向かいます。 www.tsugarukai…

4歳と鈍行二人旅(其の三 奥羽本線〜北海道新幹線)

18日は秋田から奥羽本線を大館行、弘前行と乗り継いで新青森まで向かいます。 八郎潟周辺 東能代駅。風光明媚で知られる五能線への乗り換えが多かったです 弘前駅を過ぎると雪深いですね 新青森駅からは新幹線で北海道へ。鈍行列車ちゃうやんと言われればそ…

4歳と鈍行二人旅(其の二 陸羽西線〜奥羽本線)

17日朝にあつみ温泉駅でママと別れ、私と長男は北へ。 羽越本線酒田行き普通電車 余目駅前の庄内町新産業創造館クラッセ - 観光スポット情報 - 山形県庄内町観光情報サイト Navi庄内町で、早めの昼食を調達しました。そこにいらした地元の方が、あつみ温泉…

掲載旅行記一覧【先頭に固定】

2005.10 北朝鮮(平壌へ、板門店、平壌、帰国) 2006.03 韓国(ソウルへ、顕忠院、安重根紀念館、板門店、ロッテワールド、帰国) 2007.08 中国(上海へ、南京へ、南京、泰山へ、泰山、北京へ、天安門、抗日紀念館、長城、済南へ、済南、上海豫園、上海外灘、帰国…

帰国しました

今朝、キューバより帰国しました。旅の様子は追ってご紹介できればと思っています。取り急ぎご報告まで…

キューバ de バカンス七日目・メキシコシティ

アディオス!キューバ キューバ旅行もついに最終日となりました*1。 まずは午後の便で、ハバナからメキシコシティに向かいます。逆算すると、ホテルを正午ごろ出て、タクシーに乗ればよさそう。ですのでそれまでの時間は、やはり長男が大好きなプールで過ご…

キューバ de バカンス六日目・サンタ・マリアビーチ

近場のビーチを堪能 キューバで丸一日過ごせる最後の日は、細君の宿願たるビーチを目指します。 キューバ近郊のビーチといえばバラデロが有名で、1人80CUCくらいでハバナから日帰りコミコミツアーを催行したりしているそうで須賀、今回は地元の人が集まると…

キューバ de バカンス五日目・コヒマル

ホテル「ナシオナル・デ・クーバ」ツアー 25日は午前7時ごろに始動。 部屋からこんな風景を眺めながら支度をし、10時ごろロビーへ。この日は郊外の方に出掛けようかと思ったので須賀、ホテル内ツアーが始まるところだったので混ざってみることにしました。 …

キューバ de バカンス四日目・ビニャーレス渓谷

午前5時半に起床。身支度をして朝食を摂り、8時前にはロビーで待機します。 この日はビニャーレス渓谷行きの1日ツアーに申し込みました(3人で185CUC)。ビニャーレス渓谷は、ハバナの西約120kmにあるカストロ…じゃなくてカルスト地形のエリアです。タバコの栽…

キューバ de バカンス三日目・ゲバラ@ハバナ

革命とゲバラの足跡を感じるー革命博物館 この日は7時ごろ起きて朝食へ。生演奏とともに食事を楽しめました。 午前10時に革命博物館へ。 キューバ革命前は大統領官邸だった場所で、革命初期にはフィデル・カストロの演説の舞台にもなりました。 革命前から近…

キューバ de バカンス二日目・ハバナ新市街&旧市街

「キューバの帝国ホテル」を根城に この日の話を始める前に、今回の旅程について説明しておいた方がいいかもしれません。 そもそもキューバは東西に長い島で、全長約1250kmもあります*1。首都ハバナは西部に、キューバ革命発端の地でもある第二の都市サンテ…

キューバ de バカンス一日目・キューバへ

0日目まで 最初にキューバという国に行くことを意識したのは、平壌にある高麗ホテルの地下のカラオケで酒を飲んでいた時でした。ツアー会社の社長さんと(確か)ビールジョッキを傾けていると、彼が不意に「次はキューバにでも行く?」と営業をかけてきた誘っ…

9月下旬はキューバへ

仕事とのタイミング的な兼ね合いでなかなか決められなかったので須賀、今年は休みはしっかりいただけるので*1、9月の最終週に海外に出かけることにしました。B24 地球の歩き方 キューバ&カリブの島々 2017~2018作者: 地球の歩き方編集室出版社/メーカー: ダ…

シドニー旅行記四日目・帰国

旧中山道飛行機 この日は本当に、帰るだけです。 4時起きで支度をし、5時半前にチェックアウトします。まだ暗い街を歩き、セントラル駅から空港へ。この移動でOpalカードの残高が足りなくなってしまったので須賀、改札で「残高マイナス3ドル」みたいに表示さ…

シドニー旅行記三日目・ハンターバレー

ほろ酔いワイナリー巡り(運転手除く) この日は、ハンバート・ハンバート氏に仕事そっちのけでお付き合い頂けることになり、我々家族と計4人でドライブに出かけました。行く先はワインの産地として有名なハンターバレー。シドニーの北約160キロほどにあり、ワ…

シドニー旅行記二日目・ブルーマウンテンズ

電車の旅と絶景ポイント この日は早起きして、午前7時半に宿を出発。細君の提案で、パンケーキを食べに行くことにしました。 ダーリングハーバー地区にある24時間営業のお店へ。 左上は焼き鮭のパイで、これがとてもおいしかったです。これで40ドルでした。…

シドニー旅行記一日目・市街地と動物園

行李を開けるか開けない中、またぞろ海外へ行かうなぞとは(ry 4月29日から5月3日まで、家族でオーストラリアはシドニーに行ってきました。初日は機内泊だったので実質4日間です*1。4月も半ばになってから私が9連休をいただけると分かったもので、急遽検討す…

空前絶後の9連休に

出向によってオセロがひっくり返るようにホワイトな職場にやってきたおかげで、GWが本当に黄金週間になりました。C13 地球の歩き方 シドニー&メルボルン 2018~2019作者: 地球の歩き方編集室出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社発売日: 2017/10/26メディ…

釜山ショートトリップ三日目・慰安婦像と通信使

交流と相克の現場を訪ねる そして最終日。もう日本に帰るので須賀、午後便なので午前中は有効に使いましょう。 この日は朝食を摂りにチャガルチ市場へ。 3階に「市場メシ」が食べられる食堂があると聞き、チェックアウト前に向かいます。分かりやすい場所に…

釜山ショートトリップ二日目・海と山で自然を満喫

太宗台遊覧船と貝焼き この日は少し足を延ばして、釜山の海と山を堪能してきましょう。一日で釜山の自然の魅力を両方楽しんでくる、というと聞こえが良いで須賀、要はどちらに行くかについて家族間で合意を得られなかった、ということでもあります。 10時に…

釜山ショートトリップ一日目・中心部散策

0日目まで 3月11日から13日まで、家族3人*1で韓国・釜山に行ってきました。 これまでも大体そうでしたが、これは純然たる「家族旅行」です。なので、かつてのように明確な(?)意図を以って企画されたわけでもないので須賀、大まかに言うと決定までの経過は…

最後っ屁で釜山へ

D34 地球の歩き方 釜山 慶州 2017~2018作者: 地球の歩き方編集室出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社発売日: 2017/03/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る三連休を取りまして、明日から釜山に行ってまいります。 この…

写真で綴る中朝国境旅行記四日目・帰国

帰りの大連空港 いやいや、全然大きな空港でしたね。行きに鹿児○空港みたいとか言ってごめんなさい。2枚目の看板は興味深いですね。「国際線と香港・マカオ・台湾はこちら」というのは、香港・マカオ・台湾は外国ではないことになっている*1ので「国際線」…

写真で綴る中朝国境旅行記三日目・大連から旅順へ

大連に舞い戻る 朝靄のかかる鴨緑江 写真は午前5時に、ホテルの部屋から撮ったものです。前日の夕方くらいから急性副鼻腔炎のような症状が出て*1、あまり眠れず早起きしてしまいました。風船をつけた車列は何かのお祝いのためだったようです。 北朝鮮のエリ…

写真で綴る中朝国境旅行記二日目・丹東から見る北朝鮮

「北朝鮮が見えるホテル」へ この日は大連から丹大高速鉄道に乗り、中朝国境の表玄関・丹東を訪ねます。 大連北駅 丹東と大連を結ぶ丹大高速鉄道の始点・大連北駅は、大連駅周辺から車で20〜30分ほどの郊外にあります。ご覧の通り自動券売機も整備されていま…

写真で綴る中朝国境旅行記一日目・大連市内散策

3泊4日で中朝国境へ 6月30日から7月3日にかけて、中国の大連と、北朝鮮に接する国境都市・丹東を旅行してきました。最大のお目当ては中朝国境。丹東は中朝友誼橋で北朝鮮の新義州と結ばれ、中朝貿易の物流の7割以上を担うとされるなど、言わば「中朝国境…