かぶとむしアル中

取材現場を離れて久しい新聞社員のブログ。 本の感想や旅行記(北朝鮮・竹島上陸など。最初の記事から飛べます)。

北朝鮮竹島イラン旅行記
ブログランキング・にほんブログ村へ

かぞく

下手な抱っこで手首を痛め…/育休2カ月目振り返り

【目次】 長女(生後4カ月)と私 家族と私 私自身について 育休に入ってから2カ月が経過しました。残り1カ月をよりよく過ごすという意味も込めて、また振り返りをしたいと思います。 canarykanariiya.hatenadiary.jp canarykanariiya.hatenadiary.jp 長女(…

妹も勝手にデビュー/親子の2020年8月読書「月間賞」

canarykanariiya.hatenadiary.jp 私は図書館で借りたこちらの本。酒や居酒屋の歴史でありながら、戦後社会そのものの切り口をも提示しており、「酒文化」自体がいかに身近なものであるかも感じさせてくれます。そしてそれがコロナ禍を経てどう展開していくか…

親子の2020年7月読書「月間賞」

長男はこちら。 かいけつゾロリのレッドダイヤをさがせ!!: かいけつゾロリシリーズ67 (かいけつゾロリシリーズ 67) 作者:原 ゆたか,原 京子 発売日: 2020/06/25 メディア: 単行本 大好きなゾロリシリーズの最新刊です。本人曰く、「怪しい人がたくさん出てき…

3カ月間の育休に入りました

本日から11月15日までの3カ月間、育休を取得します。 2カ月前に生まれた長女と、のんびり過ごす予定です。 canarykanariiya.hatenadiary.jp 6年前、長男の時は2カ月間だったので須賀、今回は1カ月多めにいただきました。妊娠中には「妻がすぐ職場復帰するの…

親子の2020年5・6月読書「月間賞」

5月は長男とほとんど一緒に過ごせなかったので、6月分のみ選びます。 コロコロコミック 2020年 07 月号 [雑誌] 発売日: 2020/06/15 メディア: 雑誌 4月くらいからコロコロコミックがお気に入りで、いろんな作品を読み込んでいます。デュエマはこの雑誌で知っ…

第二子が生まれました/コロナ禍での妻出産から退院まで

コロナ禍の中での出産*1は、前回とはかなり様相の異なるものでした。 予定日を4日過ぎた6月17日朝。出産を控えて里帰りしていた妻から、「兆候があるのでこれから病院へ向かう」との連絡がありました。診察を受け、そのまま入院。平時ならここで駆けつけると…

親子の2020年4月読書「月間賞」

canarykanariiya.hatenadiary.jp 非常に時事的なチョイスで須賀、私はこちら。 新型コロナウイルスも、天然痘のように地上から「撲滅」されることは恐らく考えられず、やがて多くの人が免疫を獲得するなどして「ありふれた病気」になっていくのでしょう。そ…

新書の2類型について/親子の2020年3月読書「月間賞」

長男はこちらのようです。 かいけつゾロリのようかい大リーグ (33) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話) 作者:原 ゆたか 発売日: 2003/07/01 メディア: 単行本 大好きな祖父に買ってもらったということもあるで生姜、「ゾロリの中で一番面白…

親子の2020年1・2月読書「月間賞」

長男は引き続きマンガ全盛期です。図書館で借りる本もマンガばかりにはならないように気をつけていま須賀、借りてきても繰り返し読むのはやはりマンガ。いろんな媒体に、バランスよく触れていってくれればよいのですけども… このところはこちらがお気に入り…

親子の2019年12月読書「月間賞」

あけましておめでとうございます…とは特に思っていないので、通常の更新です。 canarykanariiya.hatenadiary.jp 私はこちらの『自公政権とは何か』にします。歴史的記述、政治過程や選挙の分析ともに優れていると感じました。 ミュウツーの逆襲 EVOLUTION (…

親子の2019年11月読書「月間賞」

canarykanariiya.hatenadiary.jp 私はこの本にしました。データを駆使しながら、日本社会にとって重要な問題を浮き彫りにしていっています。 怪盗ジョーカー(1) (てんとう虫コミックス) 作者:たかはしひでやす 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2013/06/0…

親子の2019年10月読書「月間賞」

canarykanariiya.hatenadiary.jp 政治報道に関心のある方には、一読をお薦めしたい本です。 canarykanariiya.hatenadiary.jp こちらを次点に。戦後日本政治を見る上での重要な切り口の一つです。 かいけつゾロリのドラゴンたいじ2 (かいけつゾロリシリーズ 6…

親子の2019年8・9月読書「月間賞」

長男は2カ月まとめてこれでよいと思います。 ドラえもん (1) (てんとう虫コミックス) 作者: 藤子・F・不二雄 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 1974/07/31 メディア: コミック 購入: 4人 クリック: 317回 この商品を含むブログ (134件) を見る これまたかつ…

宇宙人が投げる隕石/長男言行録最終回(5歳0・1カ月)

彼も5歳になりましたので、このコーナーはこの辺でおしまいにしておいた方がお互いのためであるような気がしているので須賀、最後にネタを2つ。 「白いパンツを履いている時に、うんちをするべきじゃなかった」 これは保育園で用を足した時に、お尻を拭くの…

バハマ&アトランタ滞在記九日目・風と共に去りぬ

マーガレット・ミッチェル・ハウス記念館 この日は遠出の計画もあったので須賀、前日前々日とたくさん出歩いたので、余裕を持ったスケジュールにしました。 とは言いつつも、通勤ラッシュが収まってくる時間帯を狙って街中へ。これまた細君の強い希望で、ダ…

バハマ&アトランタ滞在記八日目・MLB観戦

幻のTrader Joe's 午前中、女性陣は最寄りのTrader Joe'sにお買い物へ。Trader Joe'sは今、日本でも流行っているそうで、ちょうどこの直前くらいに女優の涌井を押切もえさんもInstagramでエコバッグを紹介していました。 www.instagram.com アメリカのアトラ…

バハマ&アトランタ滞在記七日目・CNNとコカコーラ

トランプの宿敵⁉︎CNN見学ツアー アトランタ初日は、ダウンタウン観光に連れて行っていただきました。有名なワールド・オブ・コカコーラに加えて、お願いしてCNNの見学にも行ってきました。 まずはこちらからです。 CNNセンターのビル内 チケットを買うと、見…

バハマ&アトランタ滞在記六日目・アトランティスからアトランタへ

バハマの締めは流れるプール バハマ→アトランタの移動日です。 フライトは夕方だったので、午前中は唯一の心残りだった流れるプールへ。前日同様ぐずついた空模様だったので須賀、運よく(?)閉鎖にはなっておらず、家族で長い渓流下りを楽しむことができま…

バハマ&アトランタ滞在記五日目・アトランティス満喫

この日はアトランティスで遊び倒します。 午前中はプールへ。全長1マイル(約1.6キロ)を40分かけて流れるプールがあると聞き、スマホも財布も置いて無料バスで向かったので須賀、あいにく天気があまり優れずアトラクション類は閉鎖に。近くにあった別のプー…

バハマ&アトランタ滞在記四日目・動物園でフラミンゴ

動物園でフラミンゴ三昧 前日は私も寝落ちしてしまったので、翌朝は早く起きました。早朝からバハマ国営放送のZNSをつけていたので須賀、午前7時前の時間帯で、新聞で言うところの「お悔やみ欄」の情報を延々流していたのが非常に印象的でした。40万人に満た…

バハマ&アトランタ滞在記三日目・ナッソーのダウンタウン

フェリーでダウンタウンへ この日は2泊お世話になった宿を離れ、バハマきってのリゾートエリアに向かいます。その名も「パラダイスアイランド」。いわゆるナッソーのダウンタウンの向かいに浮かぶ小島よしおです。 前日の夜、家主のブラッドさんに手配をお願…

バハマ&アトランタ滞在記二日目・バハマのビーチ

自慢のビーチと超局地的豪雨 この日からバハマ観光ということで、ごく簡単にバハマという国についておさらいします。 バハマはフロリダ半島の南東に位置する約700の島々からなる国家です。コロンブスが「発見」したサン・サルバドル島もこの国に含まれます。…

バハマ&アトランタ滞在記一日目・バハマへ

0日目まで 2週間の休暇をいただけたので、家族でバハマ諸島と米国アトランタに行ってまいりました。 アトランタでは細君の妹一家が暮らし始めており、特に細君にとっては、そこを訪ねるのは宿願でありました。私自身も、考えてみれば米本土には18年も行って…

親子の2019年6・7月読書「月間賞」

明日から海外旅行のため、フライングゲットしてしまいます。 長男の6・7月を順番にご紹介します。 大長編ドラえもん10 のび太とアニマル惑星: 大長編ドラえもん 10 (てんとう虫コミックス) 作者: 藤子・F・不二雄 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 1990/10/2…

2年連続のカリブ海と18年ぶりの米本土へ

参院選投開票日の翌週から、家族旅行に行ってきます。 B24 地球の歩き方 キューバ&カリブの島々 2017~2018 作者: 地球の歩き方編集室 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社 発売日: 2016/10/01 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (…

早まる登園、その皺寄せは…/長男言行録(4歳10・11カ月)

5月末で5歳になりました。その直前の時期の話です。 4月から細君の、5月から私の職場が変わった関係で、長男が保育園にいる時間が長くなりました。朝は30分ほど早く起きて登園せねばならなくなりましたし、お迎えも遅くなることが増えました。 その影響で、…

親子の2019年5月読書「月間賞」

私はこちらに。 canarykanariiya.hatenadiary.jp 学術的な関心はそっちのけな読み方をしてしまった気がしま須賀、純粋に読み物として面白かったです。「純粋に読み物として面白い」という文句はつける理屈がなかった時の言い訳めいてもいま須賀、そうした本…

親子の2019年3・4月読書「月間賞」

私から参ります。 canarykanariiya.hatenadiary.jp 3月はこちら。緻密なモデルで議論を展開する労作です。イラン、北朝鮮とリアルタイムで事態が動いていることもあり、勉強になりました。 canarykanariiya.hatenadiary.jp 4月はこれ。昭和史を語る貴重な史…

消えゆくこたつ&もうネットリテラシー?/長男言行録(4歳7・8・9カ月)

年度も改まりましたので、最近サボっていた長男の近況報告をさせてください。まずは正月明けにしていたこんな話から。 長男「犬は喜び庭駆け回り 猫はこたつでいなくなる♪」 私「いなくなるってwwwちなみにさあ、あなた『こたつ』ってなんだか知ってる?」 …

親子の2019年2月読書「月間賞」

canarykanariiya.hatenadiary.jp 衝撃的ながらも論理的にはあり得そうな未来を、警句的に論じた本です。10年20年後ですら、きっと今からは想像もつかない状況になっているのではないかと感じさせられます。 canarykanariiya.hatenadiary.jp 『眠れなくなる宇…