かぶとむしアル中

取材現場を離れて久しい新聞社員のブログ。 本の感想や旅行記(北朝鮮・竹島上陸など。最初の記事から飛べます)。

北朝鮮竹島イラン旅行記 ブログランキング・にほんブログ村へ

元気に食べてはいるけれど…/長男言行録(3歳9カ月)

  • 「おなかいたーい」

この月頃を中心に、朝食中に腹痛を訴えることがしばしばありました(最近もゼロではないです)。
最初は何事かと思ってお腹をさすったりするので須賀、どの辺が痛むということもあるわけでもなく、朝食もいつも通りの量*1を平らげます。確かに便秘気味ではあるので須賀、便通の有無とも関係なさそうです。そして本人も、痛いと言ったそばから歌ったりはしゃいだりしています。結構前からたまにあったので私の記憶はもう曖昧なので須賀、病院に連れて行っても整腸剤を処方されるくらいだったとか。ただまあ、本人は不調を訴えるので放っておくわけにもいかず、登園できそうなら保育園まで車で行ったり、先生にその旨伝えたりといった対応を取っていました。
とはいえ傾向として、精神的なものあるいは睡眠不足*2と関係がありそうな気はしています。日頃の様子と比べても大きな問題はなさそうに見えますし、そもそも腹痛を訴える度に病院に連れていくことは現実的に不可能である半面、私は一緒に生活する親ではあるけれども小児科医ではないわけで、もしこれが大きな病気の予兆であればとんでもないことだという思いも頭をよぎります。近々、このことを相談する機会があるのでそこまでは(もしまたそういうことがあれば)待とうかなと思っていま須賀、保護者としてのジレンマではあります。

*1:彼のいつも通りはなかなかの量です

*2:どうしても一定の時間に起きてもらわねばならないこともあり、早く寝るように促しているので須賀、難しい日もあったりします