現場を離れて久しい新聞記者のブログ。 読んだ本の紹介や旅行記(北朝鮮竹島イランなど)が中心です。 ブログランキング・にほんブログ村へ

月齢カースト? & 文字を書いて広がる自己表現/長男言行録(4歳1・2カ月)

7月

7月によく話していたのは、保育園でやっていたままごとのことでした。お父さん役とお母さん役と赤ちゃん役があるそうなので須賀、長男は必ずお父さん役になるのだそうです。理由を聞いたら、「○○(自分)と□□ちゃんは4歳だから、お父さんとお母さんなの。△△ちゃんはまだ3歳だから赤ちゃんの役」とのこと。
いわゆる年少さんクラスなので3歳と4歳がいるわけで須賀、誰が3歳で誰が4歳なのかは、彼らにとって重要な問題のようです。これはまさに今日言っていたので須賀、「今度4歳の子だけでバーベキューをするんだ!」なんて話も子供同士でしているようです。大人からすれば、まあ月齢なんか気にせずに対等に遊べよって話なんで須賀、子供は子供の原理があるということなのでしょうか。
ちなみにどうやら、その子が4歳として扱われるかどうかは、誕生日を迎えたかどうかではなく、保育園で開かれるその月の誕生日会でお祝いされたかどうかが基準となっているようです。まあそもそも同級生の誕生日をそれぞれ把握するのは大変ということもありま生姜*1、「みんなの前で祝われるかどうか」という基準は社会的ですね。

8月

公文式に通い始めてから、やはり文字を書く能力は格段に向上しているようです。まあひたすら数字とひらがなを書かされていて、もうちょっと頭を使う教材で勉強させてあげたいという思いも妻の方にはある*2ようなので須賀、それはともかく字を書くことができるようになってきたことで、自己表現の幅はかなり広がってきたように思います。

例えば先月こんなものを書いてくれました。「33歳のお誕生日おめでとう これからも元気でね」と書いたつもりだそうです。「れ」とか「ね」に苦戦しているところとか、「め」は書けないと判断したらしくカタカナの「メ」になっているところとか、親からすればかわいいですよね。あと、たまたまこれは左から右に書かれていま須賀、同じ紙の別の文字は下から上に書かれていたりとか、その辺も意外と結構気ままだったりします。
内容も面白いです。何の脈絡もなく「らいねんの5がつに5さい」*3と書いてみたり、ぬり絵用にママが書いた絵の一つ一つに、想像した年齢を書き入れたり*4していました。いずれにしても、やっぱり年齢が気になるんですね。
ちなみに8月に33歳になる人はこの家にはいないんですけど…w

*1:そもそも長男は自分が5月の何日に生まれたかまでは記憶していない様子

*2:私にないわけではないですけど

*3:確かにそれは正しい

*4:男の子は4歳、ドラえもんは100歳!