現場を離れて久しい新聞記者のブログ。 読んだ本の紹介や旅行記(北朝鮮竹島イランなど)が中心です。 ブログランキング・にほんブログ村へ

今回大河らしい3人との会見/「西郷どん」第三十七話

www.nhk.or.jp

江戸城総攻撃を目前に控えた西郷吉之助は、天璋院篤姫勝海舟、そして徳川慶喜と会い、総攻撃の中止を決めます。しかし不満を持つ旧幕臣たちは上野で彰義隊を結成、戦は不可避の情勢となりつつありました。

天璋院勝海舟はともかく、(勝海舟に総攻撃取りやめを伝えた後とはいえ)徳川慶喜にも会いに行くというのは極めて「西郷どん」流でしたね。そもそも「ヒー様」と「牛男」の関係性すら流石に考えにくかったわけですけども、その「フィクションとしての逸脱」にケリをつけるにはこういう形しかなかったのかもしれませんね。

ここ数回、史実の展開を中途半端に追いかけていたせいか、物語として地に足がついていない*1感が強かったで須賀、篤姫といいヒー様といい、昔の関係性としっかりつながってはいたので、その点は良かったと思います。個人的には慶喜側室の「およし」の姿がないのがちょっと寂しくはありましたが…

 

ここから先は大久保利通(一蔵)の存在感が迫り出してくる展開になるはずで須賀、西郷隆盛主役のドラマとはいえ、維新革命の過程における大久保の影がちょっと薄すぎた気がしてちょっと不安です。

*1:話の筋自体がうまく通っていない