かぶとむしアル中

取材現場を離れて久しい新聞社員のブログ。 本の感想や旅行記(北朝鮮・竹島上陸など。最初の記事から飛べます)。

北朝鮮竹島イラン旅行記 ブログランキング・にほんブログ村へ

『ヒトラー演説』(高田博行)

ヒトラー演説 - 熱狂の真実 (中公新書)

ヒトラー演説 - 熱狂の真実 (中公新書)

実際にヒトラーが行った演説の内容や身振り手振りなどを分析し、その変化や展開をナチスドイツの歴史と重ね合わせた本です。「ヒトラー演説150万語データ」なるものを引っ提げて、どの時期にどんな言葉を多く用いたかやその増減を調べたり、対比法や誇張法といった修辞的な特徴を指摘したりという内容面の分析のみならず、身振り手振りの習得経過やその具体的分析、ラジオや映画などメディアとの関わりと、多岐にわたって「ヒトラー演説」が解剖されています。
大まかに言えば、その巧みな演説術で生の聴衆を掴んだことが政権獲得の原動力となりながら、政権獲得によってラジオというツールを手にしたことで逆に聴衆たるべき国民との温度差が生まれ、最終段階ではヒトラー自身が演説への熱意を失った―そう述べられています。
個別具体的な演説技術の話は面白かったですし、それに現実の歴史の流れが噛ませてあったのはとても分かりやすかったです。ただ残念なことに、この本を読み終えて真っ先に浮かんだ感想は「なるほどね。それで?」という域を出ませんでした。やや辛辣かもしれませんが基本的に順当な話が多く、「じゃあそこから何が分かったのか」とか「それをどう活かし得るのか」といった部分か薄弱な気がしました。それを読者が考える上での有益な材料である、という言い方はもちろんできるとは思いますけれども、ちょっともったいない気はしましたね。