現場を離れて久しい新聞記者のブログ。 読んだ本の紹介や旅行記(北朝鮮竹島イランなど)が中心です。 ブログランキング・にほんブログ村へ

赤ちゃんは女の子???

久々に子供の話を。
今日産婦人科に行って来まして*1、超音波検査で様子を見てもらいました。検査中も、あっちを向いたりこっちを向いたりとよく動き回る子で、先生も「元気ですね」と苦笑い。確かに両親とも落ち着きのある方ではないので(笑)、まあ想定の範囲内です。
胎児の外見(皮膚の表面)ではなく断面が見えるというやつで、どんな面構えなのかは分からないので須賀、「ちゃんと頭が下を向いていますね」とか、1分間に150回近く鼓動する心臓に4つの部屋が何となく見えて、「心臓に大きな異常はなさそう。順調ですね」と言ってもらえると、妙に嬉しくなってきます。大きくなったお腹に毎日手を当てていれば、活発にパンチやキックを繰り返しているらしいのは容易に分かるので須賀、なんせ見えない相手ですし、夫婦ともに初めての経験です。やっぱりいかにも経験豊富げな先生に「順調だね、元気ですよ」と繰り返してもらえる安心感はひとしおでした。
前回もそうだったのですが、この時期の胎児の重さはいくつかの骨の大きさから推定するものなのだそうで、今日も頭の骨と、大腿骨の大きさを測っているようでした。もらった写真のデータを見るに、推定体重は約1.5キロ。28週としては大きな部類のようで、嬉しいんだかなんなんだか。
ちなみに性別については、男の子と判断するための十分条件は満たさなかったようです。しかし論理の世界でも「存在しない」ことを証明するのは難しいことですし、生まれる前に性別を断言してしまうことは産科医的にもリスキーと見なされるらしく、「女の子かなあ…?まだわかんないけどねえ…」といったリアクション。出来るなら是非その方向で(笑)、そろそろ出産に備えた準備も進めていきたいものです。

*1:今のところ私も皆勤賞です