現場を離れて久しい新聞記者のブログ。 読んだ本の紹介や旅行記(北朝鮮竹島イランなど)が中心です。 ブログランキング・にほんブログ村へ

デスク「ダメだよcanarykanariiya、こんなとぼけた原稿載せられるわけねえだろ、ん?」

天洋食品」回収ギョーザ、中国で中毒…現地混入が濃厚に
中国製冷凍ギョーザ(餃子)中毒事件で、製造元の中国河北省石家荘の「天洋食品」が事件後に中国国内で回収したギョーザが流通し、このギョーザを食べた中国人が有機リン系殺虫剤メタミドホスによる中毒症状を起こして、重大な健康被害が出ていたことがわかった。
関係筋が5日明らかにした。これまで日中双方の警察当局がそれぞれ自国内でのメタミドホスの混入を否定してきたが、中国国内で同様の事件が発生したことにより、中国での混入の可能性が強まった。
日本政府は今後、中国公安省に事実確認を要請するとみられ、日中両国の捜査協力がようやく本格化する可能性が出てきた。
関係筋によると、中国側は7月初め、北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)の直前に、外交ルートを通じて、日本側にこの新事実を通告、中国での混入の可能性を示唆したという。
事件が起きたのは6月中旬。天洋食品が回収した冷凍ギョーザの一部を食べた中国人が中毒を起こし、重大な健康被害が出たという。被害者の人数や症状などは不明だが、千葉県などの事件と同様、ギョーザに含まれていたメタミドホスが原因と特定された。事件後、日本に輸出される前の商品は天洋食品が回収したことになっており、今回、中毒を引き起こした商品が流通した理由やその経路などはわからない。
中国側の混入の可能性が強まったことで、中国の捜査当局は事故と故意による混入の両面で改めて捜査を急ぐ必要に迫られそうだ。
冷凍ギョーザ中毒事件では、千葉、兵庫両県の3家族10人が昨年末から今年1月にかけ、天洋食品製造のギョーザで中毒症状になった。中国側は2月末、「原料、生産工程、輸送過程でメタミドホスが混入された状況は見つかっていない」との見方を表明。これに対し、警察庁は、メタミドホスの成分分析の結果、日本国内にはない不純物が検出されたことなどから、「日本で混入された可能性は極めて低い」との見解を示していた。
(8月6日、読売新聞)

これは読売の抜きネタ(特ダネ)のようで、そこに敬意を表して引用してみたんで須賀、やっぱこれリークっぽいですよね。福田首相のオリンピック開会式出席&日中首脳会談を直後に控えた時期のこの報道。対中感情の悪化の影響を最小限に留めようという双方の意図があるとすれば納得のタイミングですし、今度の会談で胡主席が踏み込んだ発言をして、外交上の問題としては幕引きを図りたいというのも見え見えな気がするのは私だけでしょうか*1
それに何よりこの記事のトーンです。消費者保護のための役所を作ると公言して憚らない首相のもとで、日本政府が、日本の消費者にとって重大な関心を呼ぶことが明らかな情報を一ヶ月間も隠していた、という事実をちゃんと確認していながら、「関係筋によると、中国側は7月初め、北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)の直前に、外交ルートを通じて、日本側にこの新事実を通告、中国での混入の可能性を示唆したという」だなんて、こんなにあっさりと書き流しているわけです。こんなとぼけた原稿が理由なく通るハズがないことは私にでもわかりますww 要は「関係筋」からのもらいネタで丸め込まれちゃってるんじゃないの?ということです。調査報道の結果出て来たのなら、日本政府が隠していた内容を暴く記事である以上、政府の隠匿を批判するトーンがないのはあまりにも不自然です、というかあり得ないと思います。
以上のような理由から、この話は政府関係者が時期を見計らってリークしたものと考えるのが妥当なのではないでしょうか。「読売が抜いた」というのは形の上では事実でしょうが、それは多分にリークした側に踊らされてもいるわけです。じゃあ無視すべきだったかと言われるとそうもならないと思いますけれども。少なくともそういう形でこの情報が流れているのかもしれないということは、考えてみていいのではないでしょうか。それはそのニュースとどのように関わる人でも同じです。もしこれまでの推論があながち外れていないとすれば、リークした「関係筋」の方々が目論んでいるのは世論における「幕引き」なのでしょうから…*2

*1:いえ、少なくともだいたひかるは賛成してくれるでしょう

*2:別にヒステリックに反中を叫べと言っているわけではありません。忘れずに進展を促し、見守っていきましょうね、ってことです